長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

しょうゆの燻製という概念……ドラマ「カルテット」でお馴染みの燻事(えんじ)に行ってきた

f:id:uradoori:20170710210655j:plain


ランチで、たまごかけご飯が提供されています。

たまごかけご飯のことをTKGと略したり、一時期流行になりましたよね。たまごかけご飯。家でさらりと作るものだったのに、いつしかちゃんとした飲食店でも、たまごかけご飯を見かけるようになりました。

ただ、ここのたまごかけご飯。かかっている醤油が一味違います。
これね、燻製の醤油なんです。

燻製の…?醤油? ーちょっと何言ってるかわかんないです。

続きを読む

メニューは基本2文字!! 超大盛りシンプルネーミングのラーメン屋が長野市にあります

f:id:uradoori:20170704215249j:plain


「めん」というめちゃくちゃシンプルなメニュー。長野市にあるラーメン屋です。

ラーメン屋のメニューといえば、「店の名前+ラーメン」とか濃厚なんちゃらとか、名前も凝ったものが多かったりしますが、ここの場合は「めん」と二文字。なんともシンプルですが、逆にインパクトがあります。

続きを読む

めちゃくちゃ美味しいカレー屋が、長野市のSEIYU(西友)の中にあった

f:id:uradoori:20170626195937j:plain


長野市で。

カレーがめちゃくちゃ美味しい店を教えてもらいました。パキスタン人の夫を持つ女性に教えてもらったので、かなり信憑性が高いです。

……えっと。パキスタンってカレー食べるんだっけか。あ、食べるわ、食べる。めちゃくちゃ昔に、横浜のウェブサイト書いてたことがあって、その時取材してた店がパキスタンカレーの店だった(以下、参照)。


前置きが長くなったけれど。とにかく、カレー王国パキスタンの国籍を持つ男性と結婚した女性が、美味しいというカレー屋さん。美味いに決まってる。

さぁ行こう。行ってみましょう。

続きを読む

大町市で開催「北アルプス国際芸術祭2017」初日レポ。郊外エリアを中心に作品紹介。

f:id:uradoori:20170604185806j:plain


長野県大町市で『北アルプス国際芸術祭2017』が開催された。ということで、その初日に早速行ってきました。7月30日までの約2ヶ月間、大町市内のいろんなところにアート作品が展示されています。

地方の芸術祭って、瀬戸内や、新潟の越後妻有でも開かれているので、珍しいものではなくなりましたが、長野県内でこの規模のモノは初めてですね。大町市、盛り上がっておりました。

意外と公式サイトに情報がなかったりするので、パスポートのこととか展示作品のこととか出来うる限りレポートしようと思います。

続きを読む

なぜこんなとこに…長野市の住宅街にたたずむ「タクシー乗り場」でタクシー呼んだ

f:id:uradoori:20170603195626j:plain


「タクシー乗り場」って、もっとターミナル感あると思ってたんですよ。

鉄道駅を出たところとか。もしくは、大型ショッピングモールとか、大きな病院とか。タクシー乗り場って、そういうところにあるイメージです。いや、イメージというか「タクシー乗り場」たるもの、そうあるべきと言ってもいい。

でも、長野市高田にあるタクシー乗り場は違います。おもいっきり住宅街。すべからく住宅街。砂利敷きの月極駐車場の一角に存在しています。そんな「タクシー乗り場」で、タクシー呼んでみました。

続きを読む

悟りの境地!? 長野県中野市には、つゆの代わりに水をつけて食べる「水そば」があった

f:id:uradoori:20170502170219j:plain


水をつけて食べる蕎麦。水に浸されたまま食べる蕎麦。

味付けが「水」ってすごいですよね。もはや、何もないのと同じのような気がしますが、長野県中野市にある美雪荘には「水そば」という名の蕎麦があります。さすが蕎麦の国、信濃ですね。すげー。

続きを読む

小布施町には「急須コレククター」の白髭お爺さんがいて、家に博物館を作ってる

f:id:uradoori:20170424095603j:plain


日本では江戸後期から「急須」が使われているようです。お茶を入れて注ぐ時に使う道具で、直接火をかけないもの、それが「急須」。

そんな急須をコレクションし、家にミニ博物館を作ってしまった人が長野県小布施町にいます。小布施のお隣、須坂に行けば、蝶々のコレクションをしている人が自宅の蔵に博物館を作っていますが、それの急須バージョン。


確かに急須ってよく考えれば面白い形をしているし、ツボや茶碗と違って形が特殊です。焼き物としての難易度も高そう。ハマってしまう人の気持ちもわかる気がする。

続きを読む