長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

長野市の公衆トイレにはそれぞれ粋な名前がついている

<スポンサードリンク>
f:id:uradoori:20180121212459j:plain


長野市善光寺にある公衆トイレです。くずれ字になってますけど、看板には「御安心処」と書いてあります。トイレの名前が「御安心処」なんですって。

善光寺には毎日多くの観光客がやってきますが、これ観光地だからと粋な計らいで「御安心処」なんて名前をつけてるわけではなくて。ごくごく普通の長野市内の公衆トイレにも、オリジナルの名前がついているものが非常に多いんです。

最近だと、都会の公衆トイレがネーミングライツで企業名が入っていたりするのですが、そういう感じではなく、あくまでフツーの公衆トイレに、ちょっと情緒を感じる名前がついている。

f:id:uradoori:20180121213024j:plain

八角処(やすみどころ)


長野市居町の守田公園にあるトイレ。トイレの建物が八角形になっていて、八角(やすみ)という字が当てられています。かっこいい……。


f:id:uradoori:20180121213024j:plain
f:id:uradoori:20180121213533j:plain

つるのお宿


長野市中央病院の近くにある公衆トイレは「つるのお宿」。鶴賀町っていう地名なので、「つる」って付いているんでしょうね。「のお」だけフォントが小さくなっているのもなんだか粋。


f:id:uradoori:20180121214107j:plain

杜の化粧処


長野市の秋葉神社の敷地内にある公衆トイレ。神社だから「杜」なんでしょうか。


f:id:uradoori:20180121214151j:plain f:id:uradoori:20180121214237j:plain

藤棚のオアシス


鍋屋田小学校のところにある公衆トイレは「藤棚のオアシス」。長野大通り沿いに藤棚があるので、きっとそれ合わせで名付けられたんでしょう。処系から一転、外来風にオアシスと命名されているのもポイントです。


f:id:uradoori:20180121214519j:plain

石堂の泉


長野市石堂では、泉と名付けられていました。オアシスだったり泉だったり、場所によって工夫されているんですね。


f:id:uradoori:20180121214638j:plain

憩カラフルハウス


急に世界観が変わりまして、長野市鶴賀権堂町にあるトイレは「憩カラフルハウス」というファンキーな名前です。「◯◯の◯◯」という技法だったのに、最初に「憩」という癒し系のワードを持ってきて、「の」という助詞をつけることなく「カラフルハウス」。処とか泉とか宿じゃなく、ハウスなんですよ。ここは。


ほかにも長野市にはいろんな名前のトイレがあります。普通の名前のトイレを探すのが難しいくらい、各々個性ある名前がついているのですが。もし新設するトイレがあるのなら、ぜひとも名前を考案してみたいですね。