長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

いろいろ独特すぎる蕎麦屋「夢の笛」のそばが美味しい、そしてボリュームもある

<スポンサードリンク>
f:id:uradoori:20180801191318j:plain

長野市吉田にある「夢の笛」、お蕎麦屋さんです。
ずいぶん以前からその存在は知っていたのですが、なかなか行く機会がなく気づけば2年ほど経っていました。勿体無い……。

このお蕎麦屋さん。なんだか色々独特です。店内にはちょっと変わった人形が展示されているし、お蕎麦の食べ方も少し変わってる。でも、そんな変わった店なのに(?)ちゃんと蕎麦が美味しく、昼はお客さんで賑わっています。ふしぎー。

f:id:uradoori:20180801191633j:plain
駐車場に断り書き


駐車場には「スマホゲームのための駐車禁止」と書いてあります。スマホゲームするためにこの駐車場に止める人がいるんでしょうか。何やってるんでしょう。ポケモンとかかな?

f:id:uradoori:20180801191851j:plain
木のぬくもり感ある店内

 

f:id:uradoori:20180801192110j:plain
客席の背後には岩石がたくさん

 

f:id:uradoori:20180802090307j:plain
めちゃくちゃたくさんの人形が陳列されてる……

f:id:uradoori:20180802090328j:plain
人形はどれも西洋風の女性でした

 

このように、入店した途端になんだか異様な雰囲気を感じてしまいました。ちなみに店内にある女性の人形はすべて店主が自作したそうです。そのほかにもわら細工が展示されていたりもしたので、おそらく何かものを作るのが好きな店主さんなんだと思われます。なかなか個性が出まくってます。独特!!

f:id:uradoori:20180802091031j:plain
信濃町産のそば粉を使った九割そば(500円)


この店、そば畑もご自身で持っていらっしゃるようで、信濃町でとれた新鮮なそば粉を使っています(ただ、最近は不作で一部、石臼引特上そばを仕入れているとか)。

そばを切る際も刺身包丁を使っているらしく。切るというより、そばを裂いている感じらしいです(裂いた方が美味しいのかな? ごめんなさい、素人でよくわかりません)。

でも店内に「当面の間、九割そばを提供します」と書かれていたので、もしかすると普段は十割を出しているのかもしれません。にしても、これが500円ってめちゃくちゃ安い!


で、さらにそばつゆが少し変わっていて。

f:id:uradoori:20180802091111j:plain
たまご入りの蕎麦つゆ


これ、たまごを入れるかどうかはお客さん次第なのですが、蕎麦つゆとネギとわさびとたまごを入れるのが、この店流のようです。店内にたまごが置いてあるので常連さんたちは、当たり前のようにそれをとっていました。

f:id:uradoori:20180802091955j:plain

めっちゃ美味しい


そんな随所にこだわりを感じる蕎麦は、ほんとに美味しかったです。蕎麦に鮮度があるっていうんでしょうか。そのまま食べても美味しい。

正直、蕎麦自体が美味しいので、わざわざたまごなくても良かったなと思ってしまいました。意外と並盛りでも量があるので、後半にたまごを入れるなど、工夫して食べるといいと思います。

f:id:uradoori:20180802092041j:plain

そば汁(上に乗ってるのは揚げた蕎麦)

 

f:id:uradoori:20180802092017j:plain

そば汁


さらに味噌汁のような味噌味の「そば汁」もついてきます。お椀の上に揚げた蕎麦が乗っていて、食べる直前に汁に入れるとサクサクした食感を味わえます。めちゃくちゃ熱かったので、少し冷まして飲むのが良いと思います。めちゃくちゃ熱かった。

ちなみに。このそば汁は、長野五輪のとき、地区の人がふるまっていたものらしく、20年経った今もこの店では続けているそうです。

f:id:uradoori:20180802093251j:plain
原始珈琲


コーヒーも、なんだか立派な入れ物で出てきました。原始珈琲という名前も少し気になります。なんでも、珈琲豆を押しつぶし、水洗いしたあとに熱湯に煎れたものらしいです。ここでも独特。

独特なお店、夢の笛。でも、そばはしっかり美味しいです。

夢の笛 | 店舗情報 | 長野市 | そば・うどん,カフェ・喫茶



------以下、ちょっとだけ告知です-------

f:id:uradoori:20180731234340p:plain
9月30日(日)にワカバヤシ主催のコント演劇をやります。ワカバヤシが脚本と演出を手がけるシチュエーションコント8本立て。日常の中で、ちょっとだけボタンの掛け違いが発生しちゃった滑稽な様を描きます。小学校の中学年くらいからなら全然楽しめると思います。かと言って子供向きに作っているわけじゃないので、基本は大人の方に楽しんでもらえる内容になっています。よければお越しください。

●時間:昼回13時〜/夕回17時〜
●会場:長野市ネオンホール
●料金:前売り2000円/当日2500円
●予約:こちらの予約フォームで受け付けます
●主催:コントユニット青点滅