長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

中央道笹子トンネルを迂回する高速バスに乗ってみた!遅延は約23分!

<スポンサードリンク>
1111

12月2日、山梨県中央自動車道上り線『笹子トンネル』の崩落事故が起こりました。天井版の崩落事故という日本では例の無いケース、NEXCO中日本の管理について問題があったのでは?そもそも施工方法に問題があったのでは?などと、幾つもの議論を呼んでいますが、様々な大規模インフラが老朽化を迎える時期に来ているのかもしれません。現在も中央道では、上り線で一宮御坂IC〜大月JCTの区間、下り線で大月JCT〜勝沼ICの区間が通行止め規制が引かれています。
というわけで、通行止め区間を迂回する高速バスに実際に乗ってみたので、経過時刻とともにまとめてみました。

s_IMG_3356
【7:20】新宿駅西口を出発

乗ったのは、平日である12月6日、新宿駅西口から岡谷行きの京王高速バス。本来ならば新宿から甲州街道に入り、そのまま中央道に乗ってひたすら諏訪ICまで走っていくルート。ですが、事故以降は途中迂回せざるを得ません。窓口では平均20分から30分の遅れが出ているとアナウンスしておりました。

s_IMG_3359
【8:31】大月JCTで迂回に入ります

s_IMG_3363
【8:34】大月ICを通過

乗車して一時間強で大月ICに到着しました。ここから迂回ルートを通り、甲州街道を突き進むことになります。

s_IMG_3366
迂回ルート走行中

やはり迂回ルートを通る大型車が多く、トラックやバスなどかなりの車とすれ違いました。周囲の人はこのあたりの交通量がグンと増えて、騒音や排気ガスなどで影響が出ているものと思われます。

s_IMG_3369
新笹子隧道を通過

ちょうど事故のあった『笹子トンネル』に平行して『JR中央本線の新笹子トンネル』も走っています。さらにそれを横切るように『国道20号(甲州街道)の新笹子隧道』というトンネルが通っていて、笹子峠を越えるべく迂回ルートでも、割と長いトンネルを通過しました。

s_IMG_3371
【9:12】勝沼ICに到着

そうして再び中央道に戻り、ここからは従来通りのコースとなります。

s_IMG_3391
【10:46】上諏訪駅に到着

そうこうするうち、特に大きな渋滞などがなく順調に目的地の上諏訪駅に到着しました。本来の高速バスの到着時刻が10:22なので、24分遅れということになります。なんだか報道があまりにも大きすぎて、中央道が閉鎖され、交通機関が壊滅的なのでは…という風に思っている人もいるかもしれませんが、意外と24分の遅れで済んでいるというのが正直なところ(もちろん、派生した課題や問題はあるんでしょうけれど)。
上り線については、18:26に上諏訪駅を出発し、20:06に一宮御坂ICから迂回。20:48に大月ICに到着して中央道に復帰し、新宿駅西口到着は21:57でした。高速バスの時刻表では21:35到着となっているので、こちらの遅れはは22分。ちなみに上下線とも双葉サービスエリアで15分の休憩はとっている状態です。一応、往復で平均すると遅延は23分ということになりますね(少ないサンプルですが…)。

もちろん、その他の道路事情や天候、日程、時間帯によっても左右されることだとは思うのですが、意外と遅れることはないので、是非是非長野や山梨への旅行を断念しないでほしいなっていうのが正直な感想。もし高速バスを使われる方の参考になれば幸いです。