読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史深〜い、佐久ホテルは江戸時代から続いています

東信 佐久市
<スポンサードリンク>
s_IMG_7632

佐久にある佐久ホテル。なんとも平凡な名前のホテルなんですが、単なるシティホテルとはひと味もふた味も歴史の重みが違います。

s_IMG_7629
割本と書かれた標があります

ここは江戸時代、中山道の宿場町にあって宿や食事を提供する「割本邸」として栄えていました。岩村田宿において、いわゆる大名専用のホテルのような役割を担っていたんです。その割本邸が、明治になって宮内省の命を受けて、明治天皇の専用室を建設します。それが現代の「佐久ホテル」の始まり。
江戸の本陣が今も宿泊施設として営業しているというのは、なかなかスゴイことですよね。

s_IMG_7633
老南堂の歌があります

敷地内には歌人、老南堂という人の歌碑があり、「居故峰も 又那き桜や 花に月」という歌が刻まれています。あの島崎藤村も宿泊したことがあるそうです。
バブル期に乱立したホテル業者と違って、由緒正しきホテルというのはどこか奥ゆかしく思えてきます。見た目だけではなかなか分からないことって多いですね。

ちなみに、佐久ホテルは郷土料理である「佐久鯉」発祥の地でもあります。また、ポストのある風景100選という渋い百選に選ばれたりもしています。

宿泊せずとも、もし通りかかったら目にしてみてくださいね。



より大きな地図で 長野ウラドオリ を表示