長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

金玉カフェだって!? 長野県の国道沿いにスゴい名前のカフェがあった!

<スポンサードリンク>
s_IMG_8567

金玉カフェというところを発見しました。場所は長野県の茅野市というところ。国道沿いにある古い民家なのですが、なによりそのネーミングが気になります。同じ場所で同じことをやっていたとしても、「金玉カフェ」という強すぎるインパクトが無ければ訪れることは無かったのかもしれません。ネーミングって大事……。

s_IMG_8554
目の前は国道20号

s_IMG_8553
ココが「金玉カフェ」

特に看板も出ておらず……というか、『お食事』『茶房』『五平餅』『むらく』と全く別な看板が出ています。端から見れば、誰もここが「金玉カフェ」だとは思わないでしょう。さすがに最初はかなり躊躇して、恐る恐る入っていったわけですが、なぜ看板もかかっていない場所を「金玉カフェ」だと僕が認識したのか。ここを訪れた経緯を簡単に説明します。

s_IMG_8559
外には薪がありました

ブログランキングというサイトがありまして、そこで偶然見つけたのが「金玉カフェ店員ブログ」。なんつー名前だと思いながらもよくよく読むと、長野県でカフェを開いているということが判明。ブログの内容は、宇宙や生命の話、科学、非科学、超科学と、なかなか濃いものでした。そして、姉妹サイトにふぐり玉蔵さんという方が執筆する「 黄金の金玉を知らないか?」というブログもあることがわかってきたのです。

その姉妹サイトでは、主に地震や原発のこと、放射能について(ソレ以外の話も結構雑多に書かれていますが)訴えられており、多くの記事にたくさんの「web拍手」が付けられていました。つまりは賛同者がたくさんいるということ。

ただ、如何せん「金玉カフェ」の情報がほとんど書かれていません。定休日はいつだ、営業時間はいつだ、メニューは何がある、そういった類のことが全然分からなかったのです。ならばもう行くしか無いと向かってみたというのが、ここを訪れた経緯です。

s_IMG_8562
店内の感じ

先述のとおり、看板もまともに立っていない場所なので、訪れる人の多くはブログのファンやブログの延長で開いたイベント等で集まった方々ばかり。すごく簡素に言えば、「人気ブログがカフェやるって言ったから人がチラホラ訪れている」という状況のようなのです。ただ、そこに一つプラスアルファされているのが、原発や放射能に危機感を抱く人の心の拠り所になっているという事実。

s_IMG_8563
濁った水槽にはなぜかマジックでイラストが…

僕が行ったときも、すぐに別な人がやって来て、店員さんと「放射能に関する考えや、自身の家族と考えてきたこと」を語っていました。以前、原発に関するオフ会を開いている人が言っていたのですが、3.11以前から付き合って来た人たちと、放射能や原発に関して盛大に語ることって抵抗がある人も多いようです。なので、そのオフ会ではただ場を提供して思いの丈を語るだけで、子供を持つ主婦の人なんかが、すごく気持ちが楽になるという一面もあるのだとか。

ここ「金玉カフェ」の店員さんたちの中には、早く安全な場所に逃げなきゃという思いで、茅野にやってきた人もいるようです。そういう人達がいるだけで、少なくとも、悩みを持つ人達の心の拠り所になっている一面もあるのでしょう。

s_IMG_8566
なかなかディープな本が並んでいます

s_IMG_8560
アンティークな照明器具

s_IMG_8564
愛だろ、愛!!と書いた紙が貼られていました

ただ、散々カフェだと謡っていますが、どうやらサロン的な要素が強いようで、オーダーをとったりレジでお金を払ったりという行程がありません。なんとなく「コーヒーで良いですか?」と聞かれてコーヒーをいただき、最後にこの場所にカンパするという形になっているようです。なので、「営業している」という感覚ではないのかもしれません。

s_IMG_8568
考えるなカンパするんだ!と書かれています

また、いちおう「金玉カフェ」という名前だと色々と語弊があるということで、表向きには「故郷カフェ」という名前を名乗っていたりするそうです。来訪する以前は「金玉カフェ」なんて名前を目にして、ツッコミどころ満載の珍スポットを想像したのですが、いざ訪れてみるとなかなか落ち着いてコンセプトもある場所でした。……まぁそれにしても、なかなか濃い場所であることには変わりないですね。

以下、参考までに。

金玉カフェ店員ブログ |カフェの見つけ方
黄金の金玉を知らないか? 祝!!疎開村公開!&カフェオープン!!!