長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

叩くッ! 蹴るッ! 豆投げるッ! 茅野にある貧乏神神社の参拝方法が斬新すぎる……

<スポンサードリンク>
s_IMG_8679

茅野市の丸井伊藤商店というところに味噌蔵がありまして、なぜだかその蔵の奥に貧乏神神社という神社があるのです。貧乏神神社と言えば飯田市なのですが、なぜかこの味噌蔵の中にも同じ貧乏神神社なのです。どうやら、貧乏神神社の茅野支社という感じなのでしょうか。以前、長野ウラドオリで行ったレポートもあるのですが、今回はより詳細に参拝方法を記載してみようと思います。

茅野が誇るミステリースポット、貧乏神神社に行ってみました!

とにかく奥へ

s_IMG_8678
味噌蔵の奥へ進みます

s_IMG_8675
鳥居のようなものがあり、貧乏神神社と書かれています

本当にココで合っているのかなと不安になっても、取り敢えず突き進み、奥の電気が点いてなかったら自分のでスイッチを押して突き進む。それが、この貧乏神神社に辿り着くポイントです。

すごい貼り紙だらけ

s_IMG_8657
はずれクジの供養

s_IMG_8660
ロトやナンバーズ、宝くじが奉納されています

s_IMG_8672
なぜかラピュタに出てきた巨人

貧乏神神社の中は、とにかく溢れんばかりに貼り紙や看板が貼られていました。貧乏神神社は貧乏神という神様がいるので、宝くじなどの外れクジを供養してくれます。実際に奉納されている外れクジを見ると、なんだか切ない気持ちになりましたが、きっとこれからもたくさんの外れクジがここに集まってくることでしょう。だって、当りクジよりも外れクジの方が圧倒的に多いですからね……。

さぁ参拝だ!

s_IMG_8656
最初に使うのは「貧棒」

参拝方法がとても変わっていて、あとで使う豆のために100円を支払い、そして「貧棒(びんぼう)」という棒を使うところから始まります。ご神木があるので、それを貧棒で3回叩き、次にご神木を3回蹴ります。説明書きには『散々で、貧乏が逃げるというシャレです』と書かれていましたが、あまりこのシャレの意味はわかりませんでした。そして、最後は貧乏神に向かって豆を投げつけて終わりというのが、ここでの参拝方法のようです。

s_IMG_8661
とにかく忙しい参拝だけど頑張るしかない

s_IMG_8654
イラストでも描かれていました


1.貧棒でご神木を殴る

s_IMG_8662
3回、ビシビシビシと殴ります!


2.貧棒を蹴る

s_IMG_8663
3回、ドンドンドンと蹴ります

ちなみにこの時、「貧乏飛んでけ」「こんちくしょうめ」と叫びながら蹴ると良いのだそうです。しかし、こんな薄暗い味噌蔵の中で木を叩いたり、蹴ったりしているだけでも相当おぞましい光景なのに、その上「こんちくしょうめ!」なんて、普段絶対に使わないようなセリフを叫んでいたら、それはそれはなかなか奇特な光景です。


3.貧乏神に豆を投げつける

s_IMG_8666
手前の豆を持って投げつけます

基本的にはこれで、貧乏神神社での参拝は終了。しかし、こんな注意事項もあるので気をつけましょう。

s_IMG_8667
頭を下げたり、手を合わせたりしてはいけません


改めて貧乏神を見る

s_IMG_8668
貧乏神の回りには意味深な紙・・・

貧乏神をまじまじと見てみると、なかなか怖い顔をしています。こいつにさっき豆をぶつけたのかと思うと、なんだかじんわり背中が冷たくなってきますね。回りを見ると、『交通事故』や『浮気の虫』、『不景気』など災いが紙に書かれていて、幾重にも赤丸が描かれていました。『リストラ』や『いじめっ子』などもあるんだな・・・と思う一方で、『心』のような抽象的なものや、『恐いかあちゃん』という災いに入れるべきじゃないんじゃないか?!と思うようなものもありました。今さらですが、結構なぞの神様です。


最後にもう一つ

s_IMG_8677
帰ろうとするともう一つの神社が!

貧乏神神社での参拝を終えると、帰り道に「鈿女神社(おかめじんじゃ)」というものが待ち構えています。ここ、読み方は「おかめ」ですが、漢字をバラすと、「金」「田」「女」となって、「かねため」=「金貯め」と読めることから金運上昇の神様。つまり、貧乏神神社で貧乏を振り払ったあとは、金運を上げましょうという計らいなのです。

s_IMG_8676
おかめのほっぺをなぜる(なでる)とOK

ということで、指示されるがままにほっぺを撫でて参拝を終えました。ちなみに、この味噌蔵から歩いて数分のところに、正式な鈿女神社があるので(本当に目の前)、なぜわざわざここに支社を作ったのかはかなり謎……。ただ、ここまで来ると、謎だ謎だなんて言ってらんないですね。いちいち言ってても仕方が無いと、脳や身体が訴えかけてくるのが体内から聴こえてきました。

というわけで、なかなか不思議でミステリアスなスポットですが、効果はあると思われるので、もし貧乏がどうにもならないとか、何とか今を打開したい人は行ってみては如何でしょうか。