長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

すんき大福、すんきピザ、木曽の「すんきそば」の応用編をケンミンSHOWで紹介!!

<スポンサードリンク>
s_IMG_4765

長野県の木曽郡には『すんきそば』と呼ばれるお蕎麦があります。もともと、信州はお蕎麦が有名で、いわゆるスタンダードな信州そばの他に、とうじそばなど少し変わったお蕎麦もよく知られた存在。今回は、日本テレビ系列「秘密のケンミンSHOW」で、木曽の『すんきそば』が紹介されていました。あたたかい信州そばに、『すんき』というお漬物をトッピングしたお蕎麦なのです。

s_IMG_4746
とちの屋の『すんきそば』

s_IMG_4749
かなりヘビーローテの人もいる模様・・・

具は『すんき』のみ。天婦羅や海藻などは入っておりません。木曽の方ではかなりメジャーな日常食のようで、観光用に作ったものではなく、地元の人が古くから愛しているお蕎麦のようです。

s_IMG_4768
すんきとは「赤かぶ」を使ったお漬物

何も知らず、見た目だけで判断すると「野沢菜ではないか?!」と思ってしまうのですが、すんきというのは、赤かぶの葉っぱを乳酸菌で発酵させたお漬物。その昔、木曽郡は海からも遠い場所なので、「塩」が非常に貴重で高価だったのだとか。なので、塩を使わずに食材を保存する方法を探っているうち、この『すんき』という漬物が生まれたのだそうです。酸っぱい『すんき』は、それ単品で食べるとあまり美味しくないらしいのですが、蕎麦に合わせて食べることで抜群の食感と旨味を醸し出すのです。このあたりは、スタジオにいた「すんき大使」の田中要次さんが解説されていました。

s_IMG_4752
水車家には、ぶっかけ蕎麦の「すんき」もあります!

s_IMG_4756
学校給食には「すんきラーメン」

s_IMG_4759
芳香堂という和菓子屋には「すんき大福」

s_IMG_4760
すんきパイ!!

s_IMG_4767
竈炙ビストロ松島亭ではピザに「すんき」!

しかも、そのすんきの使い方はお蕎麦だけにとどまらず、木曽のいろんなお店を巡ると「大福」、「パイ」、「ピザ」にまで応用されていることも判明。郷土食でもあり、健康食でもあるので、様々な形ですんきを食すことで、地元のPRにもなりつつ、皆が健康になれるというのは良いことですね。なかなか信州は地域によって文化や食が異なるので、長野市や松本市にいると『すんき』と出会う機会は無いかもしれません。ぜひ、興味が沸けば木曽地方に出向いて、地元の味を堪能してみるのは良いことでしょうね!!