長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

Googleストリートビューで、穂高駅前のカフェを見るとモザイクが逆に怪しさを掻き立ててる!!

<スポンサードリンク>
s_2013-02-21_1302

長野県でもGoogleストリートビューが公開となりました。ストリートビューと言えば、思わぬ場所にトナカイが写っていたり、豪快に転倒する人が写り込んでいたり、中には世田谷区内でTKOの木本さんが写っているなんてことも話題になりました。ただ、プライバシーが懸念される声が相次ぎ、Google側も写真を差し替えたり、モザイク処理をしたりと対策ををするように……。その結果、長野県のとあるカフェでは、妙な場所にモザイク処理がされたため、怪しさが増している場所を発見してしまいました。

s_2013-02-21_1300
それはJR穂高駅の近くにあるカフェ

スプーンアートカフェというそのお店は、外観から異彩を放っていることで県内では有名なスポット。中に入ってもその期待を上回るクオリティーが施されており、当ブログでは迷わず「信州で一番アホなカフェ」と称し、記事を書かせてもらっています。

・信州で一番アホなカフェに入ってみた!

そんな『スプーンアートカフェ』では、見ての通り壁中ガチャガチャとあふれんばかりの装飾が為されているわけですが、Googleストリートビューでは何故か一箇所だけモザイクをかけています。

s_2013-02-21_1301
「お・・・・・」

看板の電話番号部分のみモザイク処理をするのかと思いましたが、記憶ではこの看板に電話番号は書かれていなかったと思います。察するに、Googleの担当者もあまりに奇抜なこのカフェでどこを隠せば良いのかわからず、かといってそのまま公開して良いのか迷った挙句、「お・・・・」の看板だけにモザイクをかけたのではないでしょうか。その結果、まるで放送禁止用語が書かれているのではないかと心配するような仕上がりになっています。しかし、長野県で抜群のぶっ飛び感を醸し出すこのカフェとは言え、さすがに白昼堂々看板に卑猥な言葉や人を中傷するような言葉を書くわけがありません。

どうしても気になって仕方がない人は、ぜひぜひお店に足を運んで、看板の真相を確かめてみましょう!