長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

辺境のテイクアウト餃子、自宅の敷地でおばちゃんが小屋作って「京都ギョーザ」って店やってるよ!!

<スポンサードリンク>
s_IMG_8613

茅野市の外れで餃子のお店を見つけました。と言っても、テイクアウト専門で食堂のような店構えではありません。車だと、なんだかよくわかんないまま通り過ぎてしまう可能性大。『京都ギョーザ』という屋号の店で、月曜日が定休日。1人前(6個)で250円という良心価格で提供されています。看板に書かれたロゴの「京」っていう字がかわいいですね。なかなか良い感じです。

s_IMG_8616
左に見える一軒家からおばちゃんが出てきます

営業しているのかどうかさえ怪しかったのですが、「営業中」と出ていたので取り敢えず入ってみることに。すると、上の写真左に見える一軒家からおもむろにおばちゃんが出てきて対応してくれました。餃子は小屋の中で焼くのですが、なかなか人が来る場所ではないのか、おばちゃんは家で待機しているようです。

s_IMG_8614
ここで焼いてくれます

「餃子もらえますか?」と尋ねると、「焼いたやつですか?」と関西弁のイントネーション。生餃子というものも販売しているみたいなのでそういう聞き方をされたのだと思いますが、どちらかと言えば、「関西の人なんだなー」とそっちの方に気がとられました。どうやら、屋号のとおり京都で20年ほど餃子屋さんを営んできて、今は八ヶ岳の麓で餃子屋さんを開いているというのです。

s_2013-02-22_03141
店はかなりの辺境地にあります(Googleのストリートビューより)

s_IMG_8619
素朴な餃子

お客さんが他にいなかったこともあり、20分ほど待って出来上がった餃子一人前。京都っぽい餃子ってどんなのかよくわからないのですが、割とクセがなく全体的にあっさりとした味でした。一人前と言わずこれでもかってくらいたくさん買い込んで、皆で突っつきながら食べたくなる餃子ですね。どうしても行ってみたくなった人は、長野県茅野市豊平4449-1あたりにあるので探してみてください。