長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

『松本バックパッカーズ』と『バックパッカーズ松本の宿』近所にオープンした2軒のゲストハウスがややこしすぎて泣ける……

<スポンサードリンク>
s_2013-02-24_2248

2013年2月になって長野県松本市に2軒のゲストハウスがオープンしました。ここ数年で全国的に拡大を続けるゲストハウスという宿泊施設が、松本市でも2軒立ち上がるというのはなかなか興味深いこと。もちろん、既存の宿泊施設にとってはたまったもんじゃないかもしれませんが、国宝松本城を抱える松本市として考えると観光の受け皿が大きくなるのは良いことです。……ただ、ほとんど同時にオープンした2つのゲストハウス。屋号が似過ぎていてややこしすぎるんです。

s_2013-02-24_2244
最初にオープンした『バックパッカーズ松本の宿』

s_2013-02-24_2245
こちらは『松本バックパッカーズ』

ゲストハウスはバックパッカーが訪れる宿というイメージが強く、そういった人を受け入れる意味もこめて、日本のゲストハウスでも「バックパッカーズ」という冠がつくのはよくあること。長野市にも「1166バックパッカーズ」と「森と水バックパッカーズ」いうものがありますし、都内にもレトロメトロバックパッカーズなんて名前のものがあったりします。しかし、長野県内の他のゲストハウスを見れば「梢の雪(小谷村)」や、「蔵(須坂市)」、「ホテリ(上田市)」というように、名前にワンアクセント加えているものもチラホラ。

s_2013-02-24_22481
それぞれ場所が違います(そりゃそうだけど)

正直なところ、僕自身も混同しておりまして、それぞれ違う2軒だと知った時は驚愕でした。実際、僕と同じように困惑している人もいるかもしれません。ちなみに、松本バックパッカーズは線路の近く。バックパッカーズ松本の宿は松本城の近くになります。

・バックパッカーズ 松本の宿 (古民家を再生したゲストハウス)
・Matsumoto BackPackers

既に新聞にも出たりしているようなので、余計にややこしさを生んでいるかもしれませんね。現在、プレオープン中という『バックパッカーズ松本の宿』は一泊1500円という破格の値段(通常は2500円だそう)。松本バックパッカーズは一泊3000円とのこと。値段で言えば現在2倍の違いがありますが、どちらを選ぶのかはアナタ次第。ぜひ松本観光にお使いくださいー!
ちなみに、さらにもう一つオープン予定のゲストハウスも松本にあるようなので、場合によってはさらにややこしくなってしまうのかも……。