長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

篠ノ井にあるcafe「EN」では、500円タコライスがオススメ! 安ウマで居心地も良い上にWi-Fiまであるよ!【甲信コラボ企画】

<スポンサードリンク>
s_IMG_8974

長野市の篠ノ井にあるカフェ「EN」。えんと読むのですが、円というか、まるというかサークルというか、珈琲一杯でみんなが丸くなる。みんながつながるみたいな意味が込められているのだそうです。そう考えると、日本の通貨である「¥」って、なんか不思議な名前ですね……(余談中の余談ですが)。なかなか篠ノ井を気軽に散歩する人ってまだまだ少ないと思うので、店の前には駐車場も数台併設。なので結構いろんな人にとって使いやすいカフェなんじゃないでしょうか。

s_IMG_5011
オシャレ店内!

「EN」がオープンしたのは2012年4月。なので、まだまだできたばかりに分類されるお店だとは思うのですが、既にお客さんはたくさん来ているっぽいですし、何より長野市界隈の人と話しているとこの店の名前をよく耳にしていました。特別に目立つことはしていないと思うのですが、篠ノ井のように駅だけがキレイで、商店街の元気が無くなっていってる町だと、こういう少し駅から離れたところにある店って噂になりやすいのかもしれません。

s_IMG_5015
グラスがちょっと変わってる!

何気なく出されるグラスは、富良野のガラス職人「野池征永」さんの作ったもの。『しばれ硝子』という特殊なヒビが加工されているガラスを使っていて、ちょっと注意すると何か特別なものなのだと気付くと思います。こういう風に、何気なく、さりげなく、良いものを提供するのって店のセンスが出ていて良いですね。

s_IMG_5018
500円のタコライス!!

そして、ここで何と言ってもオススメなのは、安くて美味しいタコライス。都内で同じようなタコライスを食べると倍くらいの値段がするので、500円と言われるととってもお得な感じ?! 「EN」では、ワンコインという金額にこだわっているのか、他のフードメニューも500円で提供されていました。カフェに行って2000円くらい使って帰るお店も多い中、こうして手軽な金額でいただけるというのは助かります。それに、よくよく考えるとこのくらいの値段の方が正常で、平気で「カフェラテ800円」なんて金額を提示する方が異常なのかもしれません。
ちなみに、Wi-Fiも飛んでいるというインフラ整備も整っていたりするので、居座ってしまう人もいるのかも……。なかなか雰囲気も良いカフェなので、ぜひ一度行ってみてはどうでしょうか?!

・cafe EN(公式サイト)


なお、今回の記事は山梨の個人ブロガー、『山梨のなう』さんとの連動企画により執筆しております。テーマは「カフェ」。同じテーマで同じ日に、それぞれ記事を書くというものです。よろしければ、山梨側の記事もご覧ください。