長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

雪国信州には『雪捨て場』というスポットが公的に設けられている!!

<スポンサードリンク>
s_IMG_8818

千曲市を歩いてると、「雪捨て場」なるものを示す看板がありました。看板の下部には「千曲市役所」という文字も見られ、さすがは雪国。雪を捨てる場所を公的に用意しているなんて、都会ではなかなか考えられないですね。積雪の少ない地域には、雪を捨てるという感覚自体が無いのだと思います。

s_IMG_8819
矢印の示すほうに行ってみます

s_IMG_8820
再び看板が!!

s_IMG_8822
いよいよ?!

s_IMG_8823
こんなところに出ました

矢印の示すとおりに進んでいくと、千曲川の河川敷に出ました。千曲橋という橋の橋脚あたりまで連れてこられ、どうやらこのあたりが雪捨て場みたい。そもそも、雪捨て場には雪が積もらないようになっているんでしょうか。雪捨て場の雪はどこに捨てるんだっていう……。

s_IMG_8827
どうやらこのあたりのよう……

s_IMG_8828
矢印がなくなりました

s_IMG_8829
ここが雪捨て場のようです

s_IMG_8824
確かに?!雪が捨てられている?!

そこには確かに雪が捨てられているようにも見えましたが、もしかすると積もった雪が溶けずに残っているだけの状態という解釈もできます。ですが、実際除雪車が出てなるべく交通網が麻痺しないように自治体が準備してくれていると思うと、こうした雪捨て場も長野県にとっては貴重な場所なんですよね。県内の人は当たり前かもしれませんが、意外とこういう現場って都会人にとっては「はっ」と気付かされる場所でもあると思います。なので、もし信州を旅行して「雪捨て場」を見かけたら、雪国の大変さの片鱗を見る意味でも、ちょっと覗いてみてはどうでしょう?!