長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

まるで看板娘!! ほんまち町屋館の「すこやか地蔵」がカワイイ

<スポンサードリンク>
s_IMG_9148

大正12年に建てられた味噌屋を改修し、コミュニティ施設として利用されている小諸の「ほんまち町屋館」。中にはまだ味噌蔵の面影が残っていたりして、ただただこの建物を見学するだけでも楽しめる場所です。目の前の道路は北国街道なので、ある意味、現代の宿場町の拠点となるような場所だと言えるでしょう。そんなほんまち町屋館では、毎年お人形めぐりというイベントがひな祭りの時期に併せて行なわれており、そんな中、とってもかわいいお地蔵さんがいると話題になっています。

s_IMG_9149
すこやか地蔵

ちょっとオチャメなお地蔵さん。手を体の前で合わせるのではなく、首の横で合わせるかわいいポージング。なかなか見た事のないフォルムなのですが、それが返って人気を呼んでいるようです。名前を「すこやか地蔵」と言って、お人形さんめぐりの実行委員の発案で設置されたもの。お隣の佐久ではぴんころ地蔵がパワースポットとして話題になったりしているので、小諸でも何か話題になるようなものを作ろうという動きがあったようです。それにしてもかわいい……。

s_IMG_9150
逆にお願いされているかのよう……

お人形さんめぐりは既に終了しているので、このお地蔵さんが見られるのはまた一年後。そういった希少性もなんだかイイ感じでパワースポット感がありますね。良い意味で、このお地蔵さんがマスコット化し、小諸の町が全国的に知られるキッカケになれば良いと思います。