長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

まちとしょテラソが館長を募集中! 年齢制限無く、月給37万5千円だそう!!

<スポンサードリンク>
s_IMG_9622

長野県小布施町にある公立図書館「まちとしょテラソ」は、Library of the Year 2011の大賞を受賞するなど、全国的に注目を集める図書館。2012年には日本図書館協会が主催する建築賞を受賞し、さらにはトリップアドバイザーが選ぶ、『死ぬまでに行ってみたい 世界の図書館 15』にもノミネート。2009年に開館し、初代館長である花井さんのもと、地道にコツコツと地域コミュニティを形成しながらその存在感を示してきた場所なのです。

しかし、そんな花井さんの任期も昨年に満了。その後の館長は誰がやっているのかなと不思議に思っていたのですが、どうやら町が公式に募集をかけているようでした。

png
小布施町のHP

募集要項の一番最初に、『小布施町立図書館(まちとしょテラソ)は、「学びの場」「子育ての場」「交流の場」「情報発信の場」の4つの理念のもと、「交流と創造を楽しむ、文化の拠点」と位置づけ、この活動を発展させていただける新館長を募集します』と書かれています。ここに、まちとしょテラソの真髄が込められているのですが、そうそう簡単にできるものでもありません。

採用人数はもちろん1名。小布施町に住むことが条件で、学歴や年齢等に制限はありません。月額37万5千円ということですが、僕が思うにこの金額以上の働きをしてやろうという人じゃないと務まらないような気もします。


↑前館長の著書です。応募するならコレ読まないとね!

募集は4月30日まで。小論文による審査と面接を経て新館長が決まるようです。輝かしい受賞歴のある図書館なので、今までの流れを汲み取りつつ、さらに新しい発展をしなければならないので、責任重大なお仕事。けれど、きっとやりがいはあると思うので、人材を活かしたいと燃える人、豊富なアイデアを持っている人等は、いちど応募してみてはどうでしょうか。

図書館長の募集 - 小布施町公式ホームページ