長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

『ザ・駅前テレビ』が放送されたので、 ロケ日の様子をチラっと紹介

<スポンサードリンク>
s_IMGP4312

3月下旬のよく晴れた日、『ザ・駅前テレビ』のロケに行ってきました。この番組は、abnこと長野朝日放送で毎週土曜日に放送されているもので、ロケの内容は2013年4月6日に放送されたことと思われます(見れてないので……)。実際に番組を見て下さった方もいるとは思うのですが、知識豊富な長野ウラドオリが、駅前テレビの出演者にクイズで挑戦状を出すという企画でした。なので、一日で信州のアッチコッチを撮影しながら巡ってきたわけです。

スタッフと出演者合わせて8人
s_IMGP43311
スタッフの方も結構いました

出演者は、と、藤井アナウンサーと、冨岡アナウンサーの3人。スタッフが、ディレクターさん、カメラさん、音声さん。あと、カメラアシスタントっぽい人(たぶん本業じゃないっぽいけど)と、車を運転する車両さんと呼ばれる人(たぶんこの人も本業じゃないっぽい)がいました。


カメラについて3人しか出演者がいないからか、カメラは1台『eng(イーエヌジー)』と言うもので主に中継なんかで使われるしっかりしたやつになります。ただ最近はデジタルビデオカメラ(通称「デジ」)の性能も上がっているので、簡素な映像ならデジで撮ったり、予備用にディレクターさんがデジを回したりするのですが、この日は特にそういうことをしていませんでした。

s_IMGP4344
お店では物取りというものをしました


お店に行くと、実際に食べた料理とは別に、『物取り(ぶつどり)』という作業をします。基本的にはカメラを三脚て固定して、料理をしっかり撮る行程。もちろん、撮ったあとはスタッフの皆さんで食べるんですよ。

s_IMGP4329
広い絵を撮るときはなるべく離れたところに移動しました

『ロング』というような言い方をするのですが、全景を写すときはスタッフはもちろん、出演者も皆、写らないように隠れたりします。上の写真は小布施のまちとしょテラソ。ここはガラスの反射があったので特に遠くまで移動しました。撮影って意外と大変です。


音声について

僕も含めて出演者3人はピンマイクを付けていました。胸のあたりにクリップで留めるものなのですが、コードはなるべく服で隠し、バッテリー内蔵の発信器は腰のあたりに1日中引っ付いてました。女性の場合、服によっては留めるところがないので、腰やお腹のあたりでバンドを使ってぶら下げていたりします。

s_IMGP4316
出演者はピンマイクを付けています

当然、実際にはお店の人や施設の人など、声を発する人は他にもいるので、そういう時はガンマイクと言って、モフモフのついた高枝切りバサミのようなものを使って声を拾っています。なので音声さんは、ずっと耳にヘッドフォンをしていて、今録音されている音をしっかり聞きながら、ガンマイクの位置を調整(カメラに写らないギリギリのところに向けているのです)しています。結構大変です。

s_IMGP4326
ガンマイク


ディレクターは何をする?カメラや音声はわかった。車両は運転手だし、カメラアシスタントも何となくわかる。では、ディレクターさんっていうのは何なんだ? ということですが、基本的には現場の総責任者であり、仕切りをします。

s_IMGP4337
店に断りを入れたり出演者に説明したり

ココからこういうアングルで撮りましょうという指示をしたり、誰が何を言えば良いのか、どう受け答えをすれば良いのかなど、台本に書かれていない細かな部分を指示してくれたりします。また、店側や施設側への説明をするのもディレクターさんの仕事。

ただ、時々慣れてるカメラさんだと、撮り方や演出について言ってくる人もいます。なんだかんだ言って、カメラさんがおさえた映像が全てなのです。

一般のロケでは、台本の台詞を抜き出して大きめの紙に印刷し、ディレクターさんがカンペ』として持っていることもありますが、この日は一切カンペがありませんでした。クイズを出したりするので、『フリップ』くらいはあるのかなと思っていたりしましたが、それもありませんでした。つまり、一時的とは言え、結構僕も台詞を暗記して喋っていたりしたのです。


ロケ日に着ていたワカバヤシの服

s_2013-04-04_2211
こんな服を着ていきました

シャツは池袋パルコで買った『RAGEBLUE(レイジブルー)』のもの。ピンクの舌が出ているスマイルマークがお馴染み、ナイロンパーカーは下北沢の『UPSTART』。パンツは『BURKS.BULL』で、こちらも下北沢で買いました。

誰に対する情報か、わかりませんが…。



ロケの感想

肝心の感想を述べず、ダラダラと誰得情報を書きましたが、最後にひとこと「楽しかったです」。ただ、東京に住んでるので番組はまだ見られていないのが残念なんですけれどね。見て下さった方、ありがとうございました。初めて長野ウラドオリの存在を知った方、今後ともよろしくお願いします。