長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

松本市にあるギャラリースペース『10センチ』、オリジナルの飴やクッキーがかわいい!!

<スポンサードリンク>
s_IMG_9483

長野県松本市に「10センチ」というギャラリースペースがあります。木工デザイナー三谷龍二さんのショップで、個展を開く拠点になっていたり、その他イベントスペースになっているのだそう。1981年から松本でスタジオを開いている三谷さんは、あの『クラフトフェアまつもと』の運営初期メンバー。工芸という文化を、現代の松本に根付かせた人物でもあるのです。なので、ここ10センチは、もしクラフトフェアまつもとに関心のある人ならば、ぜひ一度訪れておいた方が良い場所でもあるのでしょう。

s_IMG_9481
店内は撮影禁止でした

ショップ自体は、それほど大きなスペースではないものの、生活雑貨がたくさん並んでいました。少々お値段は高いものの、それだけ手造りで丁寧に作られているので、きちんと価値があるのでしょう。僕が訪れた時には、食器などなどを買うために数万円を払っている人もおられました。




中が撮影禁止だったので、写真で伝えることはできないのですが、売っているものは「アート」という感じではなく、あくまで「雑貨」の範疇に留まっているものばかり。奇抜なものや、ツッコミどころ満載のグッズなどではなく、スプーンや箸など良いものをしっかりと見せて、さらに売っているという感じでした。

とは言え、なかなか値が張るので、そう易々と財布を緩めることができないのも事実。すると、10センチオリジナルのお菓子が売っていたので、記念に買ってみることに・・・。

s_IMG_9494
こんな袋に丁寧に入れてくれました

s_IMG_9495
山屋御飴所の飴とルヴァンのクッキー

売っていたのは、山屋の飴とルヴァンのクッキー。山屋というのは1672年から松本に米飴の味を伝える、老舗中の老舗のお店。10センチの目の前に店舗があって(10センチ自体も山屋の建物を使って開かれているのです)、オリジナルの飴を作っているのだそうです。

ちなみにルヴァンというのは、上田にある(本店は東京)天然酵母パンのお店。こちらも10センチオリジナルクッキーを作って、ここで販売しているのだとか。

s_IMG_9578
プラスのマークがオリジナル

10センチのロゴマークが、十字のプラスマークなので、飴もクッキーもプラスマークでした。もちろんどちらも美味しかったのは間違いないのですが、こうしたオリジナリティって、特別感があって良いですね。しかも、気取らず飾らないデザインなので、素朴なハイセンスが余計に好奇心を掻き立てられたりします。工芸に興味がある人はもちろん、松本の裏通りにあって、なかなか周辺の雰囲気も良いので、是非一度訪れてみてはどうでしょうか。

10センチ