長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

塩尻駅で見たアルクマのイラストが、なんか惜しい・・・

<スポンサードリンク>
s_IMG_9521

塩尻駅で見かけたアルクマのイラスト。駅のスタッフの方が描かれたのか、丁寧にキレイに仕上がっているのですが、なんというかちょっとだけ『アルクマ』とは違うような気がします。全体のバランスも良いし、色使いも手足の感じも問題ないように思うのですが、やはり『アルクマ』とは若干違うような気がしてしまうのです・・・。

arukama1
本物のアルクマ

何が違うんだろうと考えてみたのですが、恐らく黒目のバランスではないかと・・・。アルクマって実は白目がちのキャラクターなんですね。目を黒く塗りすぎるとバランスがおかしくなるのかもしれません。

ちなみに、塩尻駅の惜しいアルクマがいるのはコチラ!

s_IMG_9522
駅の改札内にスタンプ台があって

s_IMG_9523
スタンプ台の中にいます

ただ、塩尻駅を注意して見ていると、色んなところに手描きのイラストが使われているのを発見しました。確かにアルクマも惜しいとは言え、イラストとしてはかなり上手に描かれています。スタッフの中にイラストが得意な方がいらっしゃるのかもしれません。

s_IMG_9567
これはシールですが自動改札機に山賊焼きのPR

s_IMG_9524
定期の案内

s_IMG_9525
これは違うか……

他の駅でも、同じようなものを見かけることもありますが、特に塩尻駅は手描きポップで賑わっているように感じました。県や市、各種団体で作ったパネルを置きまくる駅もあったりする中、手描きって落ち着くし安らぎにもなるんですよね。どことなく、地方と手描きって親和性が高いようにも思えます。駅は移住や観光、その他様々な玄関口となる場所なので、こうしたおもてなしって大事なんだろうなと感じました。

もし、塩尻駅に行く機会がありましたら、ちょっとだけ気をつけて手描きアルクマを見たりしてみてください。