長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

2階から上が松本城?! 青翰堂書店の77周年セールが激安すぎ!!

<スポンサードリンク>
s_IMG_9620

松本市の大名町通りには『青翰堂書店(せいかんどうしょてん)』という古書店があります。古い本の珍しさもあるのですが、何よりスゴいのがこの外観。松本に住んでいると結構当たり前の光景なので見慣れてしまうのですが、よくよく考えればなかなかスゴい本屋さんです。きっと観光に来た人だと、思わず見入ってしまうかもしれないですね……。もう少し歩けば国宝松本城があるんですけど……。

s_IMG_9617
これが大名町通り

s_IMG_9618
ビルとビルの間に城が見えてきます

駅から来ると、本町通りを北上し千歳橋を渡ってそのまま真っ直ぐ行くと左手に見えてきます。お城の風貌は松本城の20分の1スケールを模しているという噂もあり、調べてみると昭和25年から始まった松本城の大改修中に、城の姿が見えないと寂しいだろうということでこのような形に改築したということも分かりました。少なくとも昭和25年には存在していたお店なのでこのあたりではかなり老舗の古書店なんだと思われます。

s_IMG_9628
店先のワゴンセール

s_IMG_9626
斉藤茂吉生誕130年だそうです

s_IMG_9627
青翰堂書店77年謝恩セール?!

店の外からでも分かるくらいにたくさんの古書がありました。ワゴンセールには絵はがき等、絵のようなものも売られています。2つで1$という表記もあるので、外国人観光客向けに配慮されている部分も見受けられました。

さらに、このお店が77周年らしく、1000円以上だと50%引きという破格のセールをも開催中。600円、700円、950円分だと売値そのままですが、1000円以上になると半額の500円になるというのはちょっとすごい値引き額だと思われます。欲しい古書があるなら絶対にココで買った方が良いんじゃないでしょうか。

なかなか珍しい『青翰堂書店』。松本に行った際にはぜひ目に留めてきてください。