長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

美ヶ原温泉の薬師堂が、おもいっきりスカイツリーに便乗してた……

<スポンサードリンク>
s_IMG_0023

スカイツリー同高地点と書かれた標柱。「同高地点」という表現も若干気になるところですが、スカイツリー便乗型の案内に思わず目を大きくしてしまいました。スカイツリーの高さである634mって、きっと全国各地、いたるところで表示されているんでしょうけれど、長野県内も例外ではなかったようです。

s_IMG_0025
標柱があったのは美ヶ原温泉

そんな標柱を見つけたのは、松本市美ヶ原温泉にある薬師堂。と言っても、その入口に建てられているので、薬師堂に行くにはここから階段をのぼっていかなければなりません。つまり、スカイツリーを超えた高さにまで登り詰めるわけです。

s_IMG_0026
のぼっていきます

s_IMG_0027
お湯掛け地蔵がありましたが、これもスカイツリーより高い!

s_IMG_0028
階段をのぼります

s_IMG_0029
途中の門をくぐり抜けて・・・

s_IMG_0030
やっと辿り着きました

s_IMG_0031
スカイツリーより高いところからゴーンと鳴らせます

s_IMG_0035
スカイツリーより高いところからの景色

東京タワーは333m、スカイツリーは634m。確かに気になる標高であるのと、話題性があるので標柱ができるのもわかるんですが、「だから何?!」という感じが否めないですね。薬師堂とスカイツリーにあまり関連性が見出せないですし、何かほかのものを象徴として置いた方が良いように思います。例えば『松本城の天守閣と同じ高さ』や、『信州ラッキー777!』などと銘打って長野県のあらゆる777m地点に標柱を掲げるとか(まーでも、スカイツリーの方が分かりやすいか)。

なので、たぶんスカイツリー経験者用の標柱なのかもしれません。既に東京のスカイツリーに行った事のある観光客なら、「おおー、あの高さと一緒なのか!」と感動できるのかもしれないです。スカイツリーを見る前に、ココに来てしまうと意外とポカン、としてしまう恐れがあるのでちょっとだけ注意が必要かも。