長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

動物園を超えた動物館!! 大町山岳博物館の剥製展示が、圧巻すぎる!!

<スポンサードリンク>
s_IMG_9797

大町市には、大町山岳博物館という施設があります。アルプスの麓にある町ということで、北アルプスの自然や、登山に関する資料などが展示され、小栗旬と長澤まさみ主演の映画『岳』では、北部警察の本部としてロケに使用されました。山岳という言葉のイメージからか、「堅そう…」と思ってしまいそうですが、そんなことは全然ありません。実はスゴいオモシロスポットで、一人でも、家族でも、カップルでも、訪れて損は無い場所だったのです。

s_IMG_9801
1階は登山の歴史などが展示されています

400円の入館料を払って館内に入ると、1階には登山関係の資料や展示が広がっています。山小屋が再現されていたり、登山用衣類の変遷が展示されていました。当たり前ですが、昔の人は信じられないくらい薄着で登山していたんですね。農作業と変わらないな服装に驚きです。

s_IMG_9820
そして2階がスゴい!!

さらに2階に上がると、そこで待っていたのは剥製の展示コーナー。ある意味、大町山岳博物館の真骨頂のようなものが見られるわけですが、この展示が相当精巧に作られていてスゴいんです。

s_IMG_9819
サルが迎えてくれました

大町周辺の自然に関する展示ということなのですが、山岳地帯、湖、湿地、川など場所に応じた生物を剥製で紹介しています。剥製というと、お金持ちの家の客間に、壁からシカの首が出ているようなイメージなのですが、ココはほとんど全て全身サイズ。剥製だからこそ、1つ1つの動物をまじまじと見ることができ、贅沢に動植物を堪能することができます。

s_IMG_9816
触れるものもありました

s_IMG_9806
ニホンカモシカ

s_IMG_9805
リスが襲われています

s_IMG_9808
テン

s_IMG_9811
ライチョウ

s_IMG_9810
ライチョウのコーナーはかなり詳細に紹介されていました

s_IMG_9815
マムシ

もちろん、ココで紹介したのはごくごく一部。生きて動いている動物では味わえない生々しさと、じっくり観察できすぎるという剥製ならではの魅力が詰まっています。「長野県って自然が豊かなんだな」と、改めて感じる場所でもある、この展示室。大町を訪れたら是非行ってもらいたいなと思いますが、全部じっくり見ていると日が暮れてしまうほど時間が経つと思うので、何度かに分けて行くのが良いかもしれません。

市立大町山岳博物館オフィシャルホームページ