長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

カーリング地蔵?! 軽井沢の泉洞寺ではスゲーお地蔵様が迎えてくれるよ

<スポンサードリンク>
s_IMG_0504

軽井沢町追分に泉洞寺というお寺があります。このあたりは、中山道から旧北国街道への分岐となっていた場所で、昔は追分宿として栄えていました。現在、周辺景観はその頃の面影を残すように整備されていて、1598年に開かれた泉洞寺はその中心部に位置しています。しかし、そんな風格あるお寺「泉洞寺」に最近誕生したのが、かなり変わったお地蔵様だったのです。

s_IMG_0522
なんかあります

s_IMG_0505
カーリング?!

そう。なんと泉洞寺に存在するのは氷環慈石地蔵尊と書かれた、通称『カーリング地蔵』。カーリングと言えば「氷上のチェス」と表現されるアイススポーツで、トリノ五輪でチーム青森が活躍したことから国内でも大きく人気を博しました。とは言え、それを地蔵にしちゃうというのはきっと世界に一つだけ。実は、軽井沢は長野五輪の際のカーリング会場となった場所で、先日、カーリング競技場「軽井沢アイスパーク」もできたばかりです。軽井沢をカーリングの町として押し出そうという動きもあり、それにあやかって、ココの住職がこんなものを作ったのだとか。 既に開眼法要も済ませているらしいので単なるオブジェではなく、立派なお地蔵様です。

s_IMG_0507
「氷環」は住職が作った当て字なのだそう

s_IMG_0510
カーリングのストーンの上に乗っています

s_IMG_0511
ブラシを持ってます

s_IMG_0509
なぜメガネ?なぜハチマキ?

カーリング地蔵ということで、ストーンの上に乗ったりブラシを持っているのは理解できるのですが、顔に施されたアクセサリはちょっと謎。メガネをしたりハチマキをしたりするのは何故なんでしょうか。カーリングの選手はゴーグルなんかしてないですからね……。

s_IMG_0516
境内にはこんなお地蔵様も・・・

しかし回りを見ていると、どことなくカーリング地蔵と雰囲気の似たお地蔵様がありました。コミカルで割と新しい感じのお地蔵様。こちらもまた不思議な雰囲気を漂わせています。

s_IMG_0517
さあさあ手を合わせて地蔵尊

s_IMG_0521
おべんきょう えぇっとわかったかなぁ地蔵尊

s_IMG_0520
おべんきょう はいはいちょっと待ってね地蔵尊

s_IMG_0519
おべんきょう はいはいそれはですねぇ地蔵尊

s_IMG_0518
さぁさぁ一杯やっぺぇ地蔵尊

カーリング地蔵と違って、なんだか意図と意味がわからない地蔵様がたくさん並んでいました。ただ、ハチマキやメガネに共通性は見受けられるというのは新発見。もしかするとこのお寺の住職がメガネをかけていて、その顔を模したものなのかもしれません。軽井沢の新名所、珍名所になると思うのでもし興味があれば行ってみてください。

s_IMG_0514
取り敢えずお賽銭も置いておきました

お賽銭もお忘れなく!

曹洞宗 浅間山 泉洞寺