長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

ぴんころ地蔵で賑わう佐久市野沢商店街、「PPK」というロゴまであった

<スポンサードリンク>
s_IMG_0747

長野県が全国で長寿日本一の県として知られるようになり、長野県の食生活や自治体の取り組みなどが頻繁に取り上げられています。その中で、長寿のシンボルとなっているのが、佐久市にある『ぴんころ地蔵尊』。佐久市は長野県内でも長寿の町として知られているそうで、データ等でも平均寿命の長さに加え、活動余命にもフォーカスされ、亡くなる寸前まで元気に暮らすということが実証されているとのこと。平成15年9月にお披露目となった、この『ぴんころ地蔵尊』はその象徴として、たくさんの人を迎えています。

s_IMG_0752
ぴんころ地蔵尊は成田山参道にあります

s_IMG_0751
ぴんころ地蔵の前にはこんなベンチがありました

東京からだと長野新幹線で佐久平まで来られるわけですが、『ぴんころ地蔵尊』があるのは佐久市野沢という集落。新幹線の駅からは少し離れた地区で、のざわ商店街の中にお地蔵様が鎮座していらっしゃいます。ニュースなどで散々言われていますが、『ぴんころ』というのは、「健康で長生きし(ぴんぴん)、寝込まず楽に大往生する(ころ)」から名付けられたもの。

ただあくまで長野県は、県や市町村単位で減塩運動を興してきた成果として長寿大国になった経緯があるわけです。バスでやってきた観光客が『ぴんころ地蔵』を参っただけで健康になれるというものではないのですが、こうしたものがあるだけで人は幸せになれたりするから不思議ですね。

s_2013-06-03_1237
グッズもたくさん・・・

しかし、佐久市野沢側のプッシュもなかなか凄いもので、これでもかってくらいにグッズ展開がされていました。胡麻や、長寿酒などが売られているのはわかるのですが、エコバッグやTシャツなどもかなり積極的に販売しているので、この地域にとってはとても重要なブランドになっているんだということが分かります。中には『PPK』なんてロゴが入ったグッズもあり、『ぴんぴんころり』をアルファベット略称化……。

s_2013-06-03_1257
Google検索でも上位に出ました

さらに『PPK』で検索すると、ワルサーPPKの次に「ピンピンコロリ」が出てくることも判明。ドイツ製の小型拳銃の次に、長寿を意味するワードが出てくるというのはなんとも皮肉なものです。なんだか『ぴんころ地蔵尊』というキャラクターばかりが全面に出ている印象こそありますが、長野県が取り組んできたことは全国的にも誇るべきこと。PPKに成るためにも、一度佐久市野沢を訪れてみてはどうでしょうか。

ぴんころ地蔵 | 佐久市 | 野沢商店街 | 長野県|信州