長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

セーラー服がはだけてる……セクシーJKが迎えてくれる長野県東御市の飲食店!

<スポンサードリンク>
s_IMG_0724

長野県の県道166号沿いに、突然現れるブタのオブジェ。食堂の玄関に堂々たる姿で立っているのは、セーラー服を着こなしたブタでした。2本足で立っていること自体が既に異質なのに、なぜセーラー服を着ているのでしょうか。冬服なのに、頭に麦わら帽子が見える季節のミスマッチも不思議ですし、見れば見るほど、どこへ突っ込んで良いのかわからなくなります。

s_IMG_0728
「魚魚屋まさ」というお店の玄関にありました

昼食営業中、定休日火曜日という看板の掛かった店に、土曜日の12時頃通りかかったのですが、営業していませんでした。もう閉店してしまったお店なのかもしれませんが、そのあたりの真偽のほどはちょっとわかりません。ですが、もうあのブタが目に入った時点で、頭の中はハテナマークで圧迫されてしまっているので、開店時間だの定休日だの、どうでもよくなってしまう節さえありましたね……。

s_IMG_0723
ちょっとはだけたセーラー服がセクシーです

s_セーラー服
もしかすると、ブタに姿を変えられているだけでホントはこういう女の子なのかも…

s_IMG_0726
はちきれんばかりのセーラー服

s_IMG_0727
澄んだ瞳が美しいです

もう少しコミカルなブタなら、なんとなくキャッチーですし目を引くマスコットのようになるでしょう。でも、剥製なのか、それに近いようなリアルブタがセーラー服をまとっているのは、相当奇妙な状態だと思います。イラストでブタを描くと肌はたいていツルツルピンクになるんですが、しっかり体毛があるブタなので、恐怖心さえ芽生えてきたり……。元々は村の娘だった人が、魔法でブタにされてしまった的な、なんかそういうオカルトメルヘンなストーリーも思い浮かびそう。

『御八城大橋東交差点』のすぐそばにありますので、もしゾクゾクと好奇心が沸いてきた人は行ってご自身の目で確かめてみてください。