長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

【最前線ファッション】松本で「新聞紙をかっこよく着こなすワークショップ」が開催されるよ!

<スポンサードリンク>
s_971743_298405363629270_1064537872_n

以前テレビで益若つばささんが、今年の夏は「白」が流行ると言っていました。つばさ売れという言葉が話題になったくらい益若さんの言うファッション論には重みがあるのですが、長野県松本市に限って言えば夏のファッションに「新聞紙」が流行の予感。なんと6月15日(土)に、すごいワークショップが開かれると言うのです。

その名も、「新聞紙をかっこよく着こなすワークショップ」。夏色ニットをかっこよく着こなす……。七分袖シャツをかっこよく着こなす……。そういうことなら分かるのですが、何せ新聞紙のコーディネートに困ったことがないので、何をもって『かっこよい』とするのか非常に謎です。ただ、謎なだけに興味津々。いったい、どんなワークショップになるのでしょうか。

s_2013-06-10_1143
まつもと街なか大道芸が7月14日に開かれます

7月14日に第三回目を迎える「まつもと街なか大道芸」。町中をあやしい格好をした人たちが練り歩き、大道芸を披露するというお祭りなのですが、今年のドレスコードがなんと『新聞紙』に決定。見るだけでなく、一緒に参加する意味もこめて、「新聞紙」で作る帽子などをみんなで着用しましょうというコンセプトのようです。

まつもと街なか大道芸

それに先駆けて、事前に『新聞紙』に興味と理解を! ということから6月15日に『新聞紙をかっこよく着こなすワークショップ』なる奇抜なイベントが開かれることになったのだとか。

ちなみに講師は、世界中の古新聞を使って作品を作る芸術家として知られる「西沢みゆき」さん。通称、新聞女として世界中で活動している方なのだそう。もうイベント名の響きだけで十分面白そうな雰囲気は伝わってきます。ぜひ新聞を身にまといたい方は是非、松本まで足を運んで参加してみてください!
【日時】6月15 日(土)10:00~(小学生・親子向け)/14:30~(中学生以上)
【会場】まつもと市民芸術館 3Fオープンスタジオ
【対象】定員各30名
【参加費】500円(当日、会場でお支払いください)
【申込開始】5月28日(火)10:00~
【受付】まつもと市民芸術館チケットセンター
  TEL:0263-33-2200/窓口(10:00~18:00)
【お問合せ】まつもと市民芸術館
  TEL:0263-33-3800/FAX:0263‐33‐3830