長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

うだつの上がる宿場町「海野宿」では、たくさんの『うだつ』が上がってる!

<スポンサードリンク>
s_IMG_06822

「うだつが上がらない若造だ」。いかにもマイナス表現に対して用いられる「うだつが上がらない」という慣用句。あまり若い人が発することはなくなってきたかもしれませんが、ドラマや映画などで、「うだつ」という文言を耳にすることはあるでしょう。何気なく耳にして、なんとなく意味を理解していると聞き逃してしまいますが、そもそも「うだつ」って何なんだ?と、聞かれて説明できる人は少ないように思います。

実は「うだつ」とは、江戸時代、明治時代に作られた建物の防火装置のこと。長野県東御市にある海野宿にはそうした「うだつ」がたくさん残っているのです。

s_IMG_067900
建物の横に大きく張り出したものが「うだつ」

隣家の火が移ってこないように作られた土壁のことを「うだつ」といいます。ただ、なかなか高級なものだったので、そうそう簡単に「うだつ」を設けることはできませんでした。なので、うだつが上がることを「出世」と見立て、うだつが上がらない=出世しない、冴えないという意味の慣用句として成り立ったのだそう。

s_IMG_0681
本うだつ


s_IMG_0680
袖うだつ

うだつには、『本うだつ』と『袖うだつ』というものがあり、袖うだつは軒下まで壁が届いていません。なので『袖うだつ』は、軒下を伝わってくる火を防ぐ効果をもったと考えられています。ただ、実際全国的には木でできた『うだつ』というのも結構あるそうで、そうなると当然ながら火を防ぐことはできません。装飾の意味でうだつを設けている家もあったのでしょう。慣用句になるくらいですから、それくらい地位を見せつける象徴となっていたようです。

うだつが上がる宿場町、「海野宿」。一度その目で「うだつ」を見て、うだつが上がらない人間を卒業できるよう心がけてみてはどうでしょうか。