長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

信州限定の味噌マカロンを食べてみた

<スポンサードリンク>
s_IMG_0761

なんと軽井沢駅にある売店に、『味噌マカロン』なる商品が売られていました。フランスを代表するようなふんわり洋菓子のマカロンと、日本の食生活の根幹を担ってきた味噌がまさかのマッチング。味噌の醸造元である和泉屋商店さんと佐久平のカフェによる共同開発で、軽井沢のアウトレットモールを中心に販売した際は3000個があっという間に完売したのだとか。味はほとんど想像付きませんが、果たして美味しいのでしょうか。

s_IMG_07671
オシャレなパッケージです

パッケージを見ると、和泉屋商店の横にポアンの文字が。ポアンと言えば、佐久平駅のすぐそばにあるベーカリーショップで、以前このブログでも取り上げたことがあります。オリジナルのパンを工夫されていて、味はもちろん、見てるだけでも楽しいんですよね。

・見た目も名前もかわいいパン売ってます、佐久平のポアン! : 長野ウラドオリ

s_IMG_07781
これが味噌マカロン

食べる前は、すごく味噌味噌しい味を想像していたのですが、意外や意外。味噌の風味はほんのりするだけで、マカロンの洋風感がきちんと残されていました。味噌ってやはり味が強いので、良い意味でも悪い意味でも添えられたものの風味を凌駕してくるものですが、ここではほんとに最小限に味噌感がおさえられているのがポイントなのだと思われます。

正直、これって味噌なの?と疑うほど、ほんのり風味が漂う程度なのですがその気品を残したあたりが軽井沢マダムにウケそう。おやつにしても良いですし、熱いお茶と一緒に召し上がっても良いと思います。気になる方は、どんな味がするんだろう…と、好奇心を持って食べてみてください!