長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

北村弁護士が語る長野県民のいいとこ&わるいとこ

<スポンサードリンク>
s_2013-06-27_1746

2013年6月29日(土)に行なわれる信州若者1000人会議というイベントのPRで、長野県出身者の北村晴男弁護士の応援コメントがYoutubeに載っています。長野高校を卒業し、苦労しながらも弁護士になった北村氏は、日本テレビ『行列ができる法律相談所』で大ブレイク。一切笑わないキャラにくわえ、後に政治家になった橋下氏や丸山氏との対立も番組の見所となっていました。

そんな北村弁護士はコメントの中で、長野県民の長所と短所についてこう語っています。

長所:清廉潔白、議論ができる

生命保険の事案を主の仕事にしている北村弁護士。不正入院を繰り返し、保険金をだまし取るような行為について扱うことが多いらしいのですが、長い弁護士人生の中で、長野県民がそのような行為をしている例は見たことが無いそうです。そして、議論が好きで学者をたくさん排出しているところも県民の長所だとコメントしていました。

短所:盛り上げるのが下手


一方で、短所に挙げているのが「盛り上げ下手」という点。地元の企業や著名人の活躍を、皆で盛り上げて応援するというのが下手だということのようです。昨今、松本山雅FCの盛り上がりはJリーグにインパクトを与えるようになっていますが、まだまだ広い長野県全体を見ると盛り上げ下手な県民性は残っているのかもしれません。


信州若者1000人会議までもうすぐ。既に閉め切りは終わっているようなのですが、このイベントがどんな結果をもたらし、イベント後の活動にも注目したいところですね。

信州若者1000人会議 | 信州若者1000人会議