長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

アクリルボードのお姉さん!! 水森亜土の作品が松川村で常設展示されてるよ!

<スポンサードリンク>
s_IMG_1165

長野県の松川村。国道147号(千国街道)沿いに、信濃松川美術館というものがあります。通称、水森亜土館と呼ばれる場所で、イラストレーターである水森亜土さんの作品を常設展示。女優、歌手、作家、タレントと幅広く活動されている水森亜土さんは、アクリルボードに描くイラストでブレイク。1970年代にNHKで放送されていた番組に出演し、人気を呼んでいました。

s_IMG_1153
これが信濃松川美術館

土曜日のお昼すぎに伺ったのですが、僕の他に来館者はいませんでした。ドアを開け、中に入ると「こんにちわ」と声をかけてくれたのは年配の男性。どうやら館長さんらしく、個人的に好きな水森亜土さんの作品を集め、美術館として開いているのだそう。

s_IMG_1164
入口には料金箱(300円)

s_IMG_1163
1階の奥にもいろんな展示がありました

ある程度個人で収集されているからなのか、雑然とした中に作品が並んでいます。ボードにかけられているものもあれば、床に直置きされているものまで様々。なかなか一般の美術館では見られない方式だったので、逆に親しみが持てました。肩肘張らなくて良いっていう……。

s_IMG_1154
水森亜土さんの作品は2階

水森亜土さんの作品展示スペースは2階。階段の途中にも幾つか作品が飾られていて、その特徴的な世界観にいざなわれるように一段一段、2階へと近づいていくわけです。

s_IMG_1155
いきなりアクリルボード

2階に上がるといきなりアクリルボードが迎えてくれました。かわいらしいカップルがキスをするように寄り添う構図は、もはやこの方の代名詞とも言えるイラストですね。しっかり、サインもされていますし、結構大きなボードなので大変貴重な作品だと思われます。

s_IMG_1157
水森亜土スペース

s_IMG_1156
作品たち

s_IMG_1158
作品たち

s_IMG_1160
館長に宛てられた手紙もありました

イラストに関して特別な知識はありませんが、水森亜土さんの絵は、きれいなカラーとその溢れ出るかわいさが魅力的ですね。人物の内面が、その背景にダイレクトに表現されているような暖かみのあるイラストたち。最近は、なかなかテレビで見かけなくなりましたが、こうして作品が残っていることで今でも亜土ちゃんワールドに浸ることができるのは素晴らしいことですね。

年代的に、水森亜土さんのことを知ってる世代とそうでない世代などはありますが、心を引き寄せる力はイラストにこめられているはずなので、もし興味があれば行ってみてはどうでしょうか?!

信州松川美術館 - 松川村公式Webサイト