読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てるてる坊主のふるさと!長野県池田町のてるてる坊主推しがすごい

中信 池田町
<スポンサードリンク>
s_IMG_1083

「てるてる坊主、てる坊主、あした天気にしておくれ」で始まる童謡『てるてる坊主』。誰もが知るこの曲は、作詞・浅原鏡村、作曲・中山晋平によって作られたものなのだそう。作詞を担当した浅原鏡村さんは、長野県の池田町の出身ということもあり、同町は『てるてる坊主のふるさと』というキャッチコピーを打ち出しており、町内ではたくさんのてるてる坊主と出会うことができます。

s_IMG_1047
こんなオブジェが!

町役場に併設された「てるてる坊主の館」には作詞家の浅原氏に関する資料などがおさめられているのですが、そこには雫の形をしたオブジェが設置されていました。

s_IMG_1049
てるてる坊主の絵も刻まれています

確かに、てるてる坊主って日本全国誰でも親しみのあるものなので、役場にこうしたものを設置するのは良いかもしれません。誰でも知ってるアノてるてる坊主のふるさとなんだよと言われれば、一応見ておきたくなるものです。誰も傷つけないシンプルなデザイン。誰もがかわいいと思うであろうニッコリ笑顔。ティッシュとマジック、輪ゴムがあれば誰でもすぐに作れるてるてる坊主。考えた人はスゴいですね。

一休さんでもお馴染み

町役場以外にもたくさんのてるてる坊主は町にあふれています。

s_IMG_1053
観光案内所で

s_IMG_1064
道の駅には「てるてるまんじゅう」という商品まで

s_IMG_1081
てるてる坊主のふるさとにふさわしい環境作り・・・

まさに、池田町はてるてる坊主推しの町。逆に池田町で育った子供達は「てるてる坊主」をどのように感じ、どのように接しているのでしょうか。全国の子供達が何気なく遠足の前日に作ったりするのと同じような感覚を持っているんでしょうか。ちょっと疑問です……。

s_IMG_1056
さらには『てるてる地蔵』というものまで!!

さらに池田町の道の駅を散策していると、てるてる地蔵なるものまで設置されていました。坊主が地蔵に昇格しているのです。てるてる坊主への崇め方がすごいですね。

s_IMG_1062
まつられています

s_IMG_1060
ちょっとポップな顔・・・

町中にいろんなてるてる坊主があってすごいなと思った方。池田町のてるてる坊主熱はこんなところにとどまっていません!!

s_2013-07-08_1134
てるてる坊主アート展

なんと池田町では、毎年夏に「てるてる坊主アート展」というイベントを開催しています。既に今年が7回目の開催となっていて、あづみの池田クラフトパークという公園内でたくさんのてるてる坊主が飾られるのです。現在、そのてるてる坊主作品の募集中だそうで、優秀作品には賞金や副賞まであるんだとか。

イベントに行って見るだけでも楽しそうですが、自分で作って応募してみるという楽しみ方もまた面白いと思います。イベント期間は8月23日から25日まで、作品の受付は8月17日まで。詳細はイベントの公式サイトを参照してもらいたいと思いますが、「雨天中止ですか?」なんて野暮な質問はしないようにしましょうね!!

第7回いけだまちてるてる坊主アート展