読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

【危険=あぶない】【洪水=おおみず】河原にあった注意看板のルビが攻めに攻めてる!

<スポンサードリンク>
s_IMG_1519

長野県の木曽地方を流れる奈良井川は、信濃川水系の一級河川。そんな奈良井川の河原を歩いていると、少し変わった注意看板と出会いました。

s_IMG_1520
ダムの増水時における注意看板

奈良井川の近くには奈良井ダムというものがあり、そのダムから放流があると水が増えるから注意ですよという主旨の看板。長野県奈良井川改良事務所と、奈良井川ダム管理事務所の連盟で設置されているようです。何気なく見てみるとそんなにオカシイ看板ではないのですが、よく見るとちょっと変わったところがチラホラあります。

s_IMG_1521
丁寧にルビが打たれています

子供が読んでも分かるように配慮されているのか、『増水(ぞうすい)』や『水(みず)』といったそこそこ簡単に読める漢字にも丁寧にルビが振られていました。こういうのって結構大事なんですよね。大人になっても読めない漢字とか結構あったりするので、ルビの大事さを痛感することが頻繁にあります。

しかし・・・。

s_IMG_1523
洪水=おおみず

s_IMG_1522
上流=かみのほう

s_IMG_1525
危険=あぶない

s_IMG_1526
左記=つぎ

ところどころ、ルビがおかしいのです。「本気」と書いて「マジ」と読む。じゃあないですが、それくらい粋なルビの振り方をしている箇所がたくさんありました。「あぶない」と読ませたいのなら、最初から「危ない」と書けば良いんじゃないかと思うのですが、ここではあくまで「危険」という漢字に対して「あぶない」と読ませています。

「おおみず」もそうで、もはやそれは「洪水(こうずい)」で良いんじゃないかと素人は思ってしまいがちですが、ここでは粋な計らいが最優先。水と人間を守る人たちは、それくらいカッコ良くないとダメなのかもしれないです。

s_IMG_1522r
出水=でるみず

極めつけは、「出水(しゅっすい)」に対して「でるみず」というルビ。「でるみず」って音だけ聞けば何のことやらわかりません。川って結構奥深いものなんですね。JR奈良井駅の裏っかわくらいにあったので、どうしても気になる方は見てみてください。