長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

「地球上のどの国籍もお持ちでない方へ」UHA味覚糖が、長野県から宇宙広告発信ーー!!!!

<スポンサードリンク>
s_2013-07-25_1130

宇宙にむけて広告を発信する時代が到来しました。スペースアドというプロジェクトを立ち上げているのはお菓子でお馴染みのUHA味覚糖。長野県佐久市にあるJAXA臼田宇宙アンテナからビンビンに広告を発信しています。夢のあるプロジェクトが長野県をホームに行っているのは嬉しいですね。

s_2013-07-25_1131
プレゼントキャンペーンの内容

とは言うものの概念がいまいち理解しづらいのですが、要するに宇宙に住んでる地球外生命体の方々に商品を知ってもらおうというもの。しかも地球にやって来た方には先着でプレゼントも用意されています。

地球外生命体の方であったり、DNA配列など条件は厳しいものでありますが、大阪の天王寺に住めるという好条件が待っています。キャトルミューティレーションもし放題なので、人間の血液を抜き去って誘拐するのも自由です。

ちょっとミステリアスでデンジャーな部分も楽しんで、この企画を長野県民として追いかけたいですね。このブログも宇宙に向けて発信したいものです。

===以下、7月31日に追記===

s_2013-07-31_1705
プレゼントキャンペーンの内容が変わっていました(7月31日に確認)

7月31日に確認したところ、プレゼントキャンペーンの内容が変わっていることが判明しました。天王寺周辺のアパートが貰えることに変わりはありませんが、食としてのキャトルミューティレーションが牧場に限定されており、そのマイナス要素分だけオーダースーツという特典が追加されています。

さらに公式動画の本編が掲載されるようになっていて、UHA味覚糖が佐久市に乗り込んで来ている様子もしっかりと確認できます。実際に宇宙に向けて広告を発信している様子がムービーにおさめられていました。

s_2013-07-31_1711
設備ばっちり(公式動画より)

s_2013-07-31_1712
音声を宇宙に向けて発信するようです(公式動画より)

s_2013-07-31_17112
代表取締役社長の言葉を宇宙に伝えていました(公式動画より)

社長がマイクに向かって「宇宙の皆様、UHA味覚糖代表取締役社長の山田泰正です」と訴えていましたが、果たして日本語が通じてくれるものなのでしょうか。グミガームという商品を宇宙に向けて紹介しているわけですが、過酷な環境下で生活している宇宙人にも是非食べてほしいという思いを訴えていました。

一般的なCMだったら、「買わなきゃ損!」とか「みんな使ってる」とかそういう押しつけが全面に押し出されているわけですが、宇宙に向けて行う広告は妙にへりくだっているのが印象的。やはり相手は宇宙人ですからね、絶対に敵にまわしたくない相手です。ホントに宇宙人がやってきたら、この社長が窓口になって対応してくれるんでしょうか。やや心配ですが、そっと見守っていきたいです。

スペースアド UHA味覚糖