長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

沖縄土産『ちん○すこう』をもらったので、信州名物『おやき』に入れてみた

<スポンサードリンク>
ss_IMGP1428

先日、沖縄の変なモノや面白いものを発信している沖縄B級ポータル-DEEokinawa(でぃーおきなわ)の方々とお会いしました。東京出張取材でメンバーの方全員が東京を訪れており、地域サイト仲間として色々と情報交換などなどお話をさせていただいたわけです。

その際、DEEの方々からお土産をいただいたのですが、それが「ちん○すこう」という謎のお菓子。(ちゃんとした商品名なのですが、どこか卑猥な表現だと思われると困るので、一応伏せ字にしておきます)せっかくもらったので、何か沖縄と長野の友好の証となるように使ってみようと決め、信州の名産物である「おやき」に入れてみようと思います。

そもそも「ちん○すこう」ってなんだ?

ss_IMGP1551
なんなんだ、このお菓子は?

琉球王朝から伝わる沖縄銘菓「ちんすこう」なら以前から知っているのですが、「ちん○すこう」は初めて見ました。こんなしょうもないお菓子が沖縄にあるんですね。

ss_IMGP1437
形はかわいい、ちん○型!

ss_IMGP1533
ち○ことわざカルタというものが入ってた

子宝祈願になっているようですが、そんなカモフラージュには騙されません。「さすが沖縄!」と言ってしまうにはあまりに低俗なので、日本有数のしょうもないお土産だと断言してやりたいです。教育県である長野県には、こんなもの無いよね…きっと。

おやきを作ろう!

ただ、卑猥だ低俗だと言い張っていても何もならないので、沖縄と長野、両地域サイトのお近づきの印になるよう取り組みます。長野の名物である「おやき」で「ちん○すこう」を包むのです。

というわけで、まずはおやき作りから。

ss_IMGP1440
薄力粉と強力粉、塩を混ぜます

ss_IMGP1443
熱湯を入れてコネコネします

ss_IMGP1447
1時間ほど寝かせばOK

薄力粉と強力粉を使って、おやきの皮を作りました。色んな製法があるとは思うのですが、なんとなくネット検索で出てきた方法がコレだったので信じてみることにします。

ちん○すこうを入れる

ss_IMGP1458
左:ちん○すこう、右:おやきの皮

早速、ちん○すこうをおやきの中に入れてみます。沖縄と長野がつながる時がやってきました。

ss_IMGP1463
ちん○すこうが、おやきの中に入ります

ss_IMGP1473
入っていくよ・・・

ss_IMGP1471
ぐんぐん・・・もっと奥まで

ss_IMGP1483
わぁ。

ちん○すこうが、すっかり「おやき」の奥まで入っていきました。もちもちの皮の中へ、ちん○すこうが入っていく様子は、まさに沖縄と長野がつながる瞬間を見ているようで、感嘆の思いがこみ上げてきます。それぞれの名産がつなぐ友好というのはあるんですね。

ただ、残念ながら、このままだと「おやき」は焼けないので。

ss_IMGP1516
包み込みました

いよいよフライパンで調理!

ss_IMGP15191
フライパンに油を引いて焼きます

せっかくなので、他にもおやきを作ってみることにしました。「ちん○すこう」以外のものは、茄子と味噌をあえたものを具として入れてあります。

ss_IMGP15211
焦げ目がついてきました

ss_IMGP1530
蒸します

焦げ目がついてきたら、フライパンに蓋をして蒸します。おやきが半分つかるくらい水を入れて、その水分がなくなるくらいまで割と強めの火で蒸し続けるのです。

できた!

ss_IMGP1544
そしていよいよ完成!なんか、それっぽい!

ss_IMGP1554
ちん○すこうは、中で崩れていました

ss_IMGP1561
あら、意外と美味しい?

思いのほか、おやきの皮が上手に作れたということもあって、なんだか美味しかったです。本来、ちん○すこうって、こんな風に食べるものだっけ?! いやいや、おやきの具に「ちん○すこう」を入れるなんて聞いた事がありません。

これこそ、長野と沖縄の友好の証。DEEokinawaをはじめ、沖縄の皆さん。これからも長野を、長野ウラドオリをよろしくお願いします。

■沖縄B級ポータル- DEEokinawa(でぃーおきなわ)
http://www.dee-okinawa.com/