読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

国宝城つながり!! 姫路城に行って印象に残ったポイント5個を紹介!

<スポンサードリンク>
ss_IMGP4370

長野県にも国宝松本城という立派なお城がありますが、やはり城に関する見聞を深めるためには、他の城も見ておかなければなりません。そんな思いを持って、国宝であり世界遺産でもある姫路城に行ってきました。そこで気付いたり、印象に残ったポイントを5個に絞り、お伝えしようと思います。

前回は、姫路と松本との共通点について書きました(国宝城つながり!! 姫路市と松本市の共通点を探ってみた! )ので、そちらも合わせて御覧ください。

ちなみに、本記事は『兵庫・ブロガー100人戦国トリップ』という企画に応募した関係で、県から(?)招待される形で、旅行および写真撮影、執筆を行っています。

1隣接の動物園がシブい

ss_IMGP4373
姫路市立動物園

姫路城の中というか敷地内には、姫路市立動物園というものがあります。松本城には無い光景なので、ちょっとびっくりです。中に動物園があるなんて、かなりレジャースポット化してますね。長野なら、小諸にある懐古園の中に動物園があったりします。

ss_IMGP4374
だら〜んとしたカンガルー

ss_IMGP4378
シマウマ・・・

ss_IMGP4383
姫子の家・・・

ss_IMGP4379
キリン・・・

なんでしょうか。この何とも言えない渋さ、そして哀愁具合。全てがこんな感じではないにせよ、随所を切り取ると、不思議とゆる〜く、妙に癒される空気感が漂ってきます。動物園というと、もっと活気にあふれてそこら中でパオーンワオーン言ってるような感じなのですが、ここはさすが姫路城下。もっとおおらかな気持ちで、訪れる人々の心をわしづかみにしているような気がします。


2改修中のお城がレア

ss_IMGP4409
姫路城は改修中です

姫路城は大天守保存改修工事ということで、平成21年から仮工事が始まり、平成26年まで延々と改修工事が行われています。基本、工事中の建物ほど、見てガッカリなものが多いのですが、ここは違います。なんと、改修工事の様子が間近で感じられるよう、敢えて『天空の白鷺』という見学スペースが設けられていました。

なので・・・。

ss_IMGP4479
近い!!!

ss_IMGP4477
城が近い!!!!

そう、すごくすごく間近で天守閣が見られるのです。一般には、天守閣の内部を階段で上って見学し、そこから城下町を眺めるというのが城見学の王道だと思います。でも、こうして外側から天守閣を眺めることなんて、きっと当時の城主でもできなかったこと。これってかなり貴重な体験です。

時期が合えば、屋根の葺き替えが見られたり、漆喰壁の塗り直しが見られたりしたそうなのですが、これだけでも十分その壮大さが伝わってきます。まるで豪華すぎる映画のセットの中に入り込んだような感覚。できるだけ早いうちに見ておかなくては絶対に損しますよ!!


3城の石垣がすごい

ss_IMGP4471
石垣の角度がスゴい!

姫路城の石垣は、敵の戦意を喪失させるほど急!! しかも、上に行くほど角度が急になっていき、そうそう簡単には上ることができません。こういったものを昔の人は固い石を積み上げ、削ったりなんかしながら作り上げたのだからスゴいですね。

ちなみに、秀吉が姫路城を3層の城に改築しようとした際、石垣が足りなくなってしまいました。その時、ある老婆が石臼を使ってくれと差し出したのだそうです。そんな心意気を喜んだ秀吉は、石臼を石垣に使うようになるとともに、領土内に話は広まり、いろんなところから石が集められたのだとか。群衆の支えがあっての、姫路城なんですね。


4油壁という壁がめちゃ強いらしい

ss_IMGP4482
油壁という壁があります

姫路城の壁のほとんどは漆でしっかりと白く塗られているのですが、一部くすんだ色のまま残っているところがあり、そこは油壁と呼ばれています。砂と粘土を塗り固めたもので、なんとなく雑な仕様のようにも思えるのですが、実はコンクリートほどの強度を持ち、鉄砲の弾もはじき返すほど……。

石垣の話もそうですが、かなり戦闘タイプの城だったことが伺えます。


5ネコが妖艶

ss_IMGP4410
ネコがいました

黒猫がいました。妖艶です。
なんか、妙に印象に残ってしまいました。
ネコは何を思って姫路城の近くにいるのでしょう。
歴史の重みなんて素知らぬ様子でちょこと座っているのが、なんとも心を惹かれます。



ということで、他にも「るの門」と呼ばれる隠し通路があったり、十字紋と呼ばれるキリシタンにあやかった瓦紋が見られたりして、姫路城はさすが世界遺産。様々な歴史が詰まっていて、一つ一つ消化していくと一日じゃ全然足りません。

逆に言えば、松本城もそれくらい歴史的な意味を探りながら見てみると新たな発見があるかもしれないですね。たまに他の地域に目を向けるのも面白かったです。ご興味があれば姫路に行って松本城と比較しながら城見学をしてみてください!