長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

まるで不思議怪獣?! 市田柿を使ったフリュイショコラを食べたら実が詰まって美味しかった

<スポンサードリンク>
ss_IMG_2502

飯島町を拠点に、様々なスイーツを発信している『信州里の菓工房』。渋谷ヒカリエの祭事コーナーに出店されていたのが目にとまり、ついつい手が伸びたのは『フリュイショコラ』。パッケージもステキで高級感があるのですが、その中身も予想を裏切らず、しっかりびっしり美味しさが詰まった味でした。

ss_IMG_2503
なんだか不思議な形のスイーツです・・・

干した市田柿が、なんだか目玉のよう。外側をホワイトチョコでコーティングしていて、中には柚子のガナッシュと市田柿が詰め込まれています。なんだか、不思議な形ですね。

ss_IMG_2506
干し柿!!

なんだか珍獣の玉のようにも見えてきます。というか、珍獣そのもののようにも見えます。スイーツも、その外見って重要なのかもしれないですね。どことなく、家に連れて帰りたい気分になってきます。ほっとけない……。

ss_IMG_2511
中を見ると・・・

おもいきって一口食べると、チョコと柿が詰まっていてびっくりします。どれだけ圧縮されてるんだろうってくらい美味しさが凝縮されているので、お得感さえ感じますね。日本茶に合うお菓子ですね。洋菓子のようだけど、和菓子感が強いように思います。

ちょっと変わった見た目ですが、ぜひ一度食べてみてほしい逸品。お土産にもオススメですよ。


フリュイショコラ市田柿 ホワイト|信州里の菓工房 オンラインショップ