長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

門前町のミステリアス空間『カフェ・バーバラ』で恐る恐るランチを食べてきた

<スポンサードリンク>
ss_IMG_3126

カフェバーバラ(cafe barbara)。2011年にオープンして以来、名前も知っていたし、以前から気になっていたけれど、なかなか行く機会のなかったお店。善光寺の門前町に位置していて、東町というエリアにあります。

……それにしても入りにくいことこの上なし。

元々は蔵か何かだった建物を改装してお店として使っていらっしゃいます。昼間なのに、中も暗くていまちい見えにくいし、ふらりと旅人が入って良いのかさえわかりません。扉を開けるのに勇気が要ります。ひとりだと余計に……。

ss_IMG_3106
なんだか不思議な店内

いざ勇気を出して入ってみると、店員さんに奥へどうぞと促されました。期待を裏切らないミステリアスぶりで、店内はアンティーク調の家具であふれています。ランチに来たのですがメニューなどはなく、店員さんから口頭で選択肢を迫られました。というわけで、「特製ラーメン」というものを注文。

ちなみに僕の時は選択肢が2択だったのですが、あとで別のお客さんが来た時は、ランチメニューが3択になっていました。なんかもぅミステリアス。

さらに、「何か飲みますか?」と聞かれたのですが、例によってメニューとかないので悩んでいると、「オススメはビールです」とオールオアナッシングの1択問答。これこそまさに郷に従うタイミングなのだと察知し、昼間っからビールをいただくことになりました。

ss_IMG_3113
来たよビールと小鉢たち

お察しのとおり、これまで料金は一切知らされてません。僕は、念のため「ぼったくりやないかい!」というセリフを心の中で練習し始めました。なるべく舐められず、なるべく肝が座った様子を演出し、そして何より普段から言い慣れてる感を忘れずに。

ss_IMG_3108
周りを見ても不思議な印象のものばかり

妖艶というか、不可思議というか、ちょっとアジアンのようでもあり和のテイストもある不思議な空間。ドスを効かせた木目調の大きなテーブルにくわえて、端に寄せられた小さなイスたちがミステリアスな雰囲気を引き立てているようにも思います。幾つか並んだイスは、それぞれ不揃いで、そのぎこちない個性がこの店での居住権をきちんと主張しているようでもありました。

ss_IMG_3110
要するに、ちょっと圧倒されていたということ。

ss_IMG_3117
特製ラーメン

そして特製ラーメンがやってきました。あっさり風で野菜たっぷりな美味しい味。ニラが好きなのでイイ感じに入っていて嬉しかったです。庶民的な風味でもあり、これを口に運んでからようやく視界が開けたように思えました。ミステリアスという濃霧が、ふっと消えていったのです。

味のある、いいお店。

ss_IMG_3121
服も売っています

ここでは古着も扱っています。セレクトされた古着と、ランチ&バーとして営業しているのだそう。誰に聞かれても「オススメばビール」という思いを貫いているらしく、なんだか不思議空間で飲むビールは他とは違う味がしたように思います。

もっと常連になれば違った楽しみ方ができるんでしょうけれど、カフェバーバラは是非1回目を1人で訪れて存分に不思議感を味わうことをオススメします。

長野市東町142番地