読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

飯田市の県道で、癒し系の警察官型人形を発見した

<スポンサードリンク>
ss_IMG_3274

道路を走行している車に注意を促す存在、警察官型人形。

遠くから見ると、まるで警察官が立っているかのように見えるため、ドライバーに減速させようとする効果を狙っているようです。県内各地、このような人形は多く設置されていて、知らない道だと本当に警察だと思って、制限速度で走っていても思わず減速してしまいます。

ただ、一度その設置場所を知ってしまえば、あまり意味が無いように思うのですが……。実際、どうなんでしょうね。

ss_IMG_3272
ここは県道491号(飯田市伊豆木あたり)

ss_IMG_3272 のコピー 2
まだ本物の警察官に見えますね

ss_IMG_3272 のコピー
あら、人形だ

ss_IMG_3267
なかなか面白い顔をしていました

ss_IMG_3268
すごい『へ』の字口

ss_IMG_3269
目とか割れてる・・・

ss_IMG_3270
ベルトのバックルまで細かく描かれてます。『E』みたい

なんだか、近くで見てみると癒されますね。若干、たれ目なのが良いのかもしれません。雨の日も風の日も雪の日も、ここに立っていると思うと愛おしくなってきます。なんでしょう。すっごく癒される。

この癒しの顔を見れば、ドライバーもきっとアクセルを踏み込もうとは思わないことでしょう。思わずそっとアクセルを緩め、この顔に見とれてしまうと思います。この交差点には信号がないですが、横断歩道があるので人がいれば停止しなければなりません。そんな時に癒してくれるのが、この警察官人形というわけです。

なるほど。警察官だと見間違うかどうかではなく、癒しの効果でスピード抑制を狙っているんですね。