長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

「木造校舎が面白い」と書かれた謎の看板。行ってみるとCMで超有名になった小学校だった!

<スポンサードリンク>
ss_IMG_3459

ーー木造校舎が面白い。

国道152号を走っていると、謎の看板と遭遇しました。道路に手書き看板があると、ついつい目がいってしまうのですが、このキャッチコピーは見逃せません。決してキレイとは言えない文字ですが、それが逆に、思いや信念を伝えているような気がします。というわけで、看板を信じて面白い木造校舎に行ってみることにしました。

ss_IMG_3461
また看板がありました

その後も看板は設置されていて、言われるがままに進んで行くと、最後には「木造校舎見学自由」という看板まで発見。どうやら、木造校舎を見学できる施設がこのあたりにあるようです。

ss_IMG_3463
学校がありました

ちなみにココは旧木沢小学校の校舎。平成3年に廃校となり、現在は見学のために使われています。ちょうど桜が咲いている時期だったので、木造校舎が妙にキレイでした。絵はがきとかになりそうな感じ。

見学は基本的に無料ですが、募金という形でお金を募っています。

貼り紙に心奪われる

入って見学しようとすると、とにかくたくさんの貼り紙が目に飛び込んできます。もともとは道路に看板を設置していたくらいなので、驚きこそしませんが、なかなか手が込んでいるなぁという印象。手作り感があって、わくわくしてきますね。

ss_IMG_3470
ほんと?

ss_IMG_3466
ちょっと墨が垂れてて怖いけど・・・・

ss_IMG_3468
ねこ校長?

ねこ校長という存在があるらしいのですが、どうやら既にネットで話題になっていたようでした。

▼【長野/どうぶつ】廃校施設にすみ着いた「猫校長」が人気[11/22]
▼ネコ校長タカネちゃん-南信州ナビ-長野県南部飯田市他の旅行・温泉・観光ガイド

ただ、残念ながらこの日は見ることができませんでした。この猫に会う為に訪れる人もいるみたいですね。動物は人を引き寄せるようです。

今でも使ってそうな木造校舎

中に足を踏み入れると、そこは完全なる学校の世界。ある程度展示用に整えられているものの、良い意味で雑多になっていて、まるで児童や先生がさっきまでいたかのように思えてきます。鉄骨校舎で育った僕でさえ、すさまじいノスタルジーに駆られました。『ALWAYS 三丁目の夕日』のBGMが聞こえてきそう。

ss_IMG_3472
下駄箱

ss_IMG_3474
職員室

ss_IMG_3493
人体模型

ss_IMG_3484
階段も当然木造です

ss_IMG_3486
体育館

ss_IMG_3487
教室

ss_IMG_3490
学級日誌もそのまま

そんな中、ちょっと変わったものまで見つけました。

ss_IMG_3497
校長先生のマント

昔は校長先生もマントを着ていたのでしょうか。あまりイメージがないのでよくわからないのですが、こうして展示されているということは実在していたのでしょう。マントって中世のヨーロッパ系ストーリーでしか見たことが無いので、こうしてまじまじと見ると不思議です。なんのために使われていたんでしょうね。寒さ対策……? 権威の象徴……?

CMで使われてた

ss_IMG_3479
松下先生ありがとう

この木造教室の中で、少し異質なのが「松下先生ありがとう」と書かれた黒板のある看板。教室の中央に机が集められ、ランドセルまで置かれています。なんだろうなと思っていたところ、教室内に掲示があり、なんと『引っ越しのサカイ』のテレビCMで使われた教室ということでした。


これは違いますが……


こっち

CMで使われたということは、それだけ企業がこの場所に魅力を感じたからであって、それは卒業生および学校関係者にとっては誇りですよね。本当に赴きがあって良い木造校舎なので、サカイが選んだ理由もわかります。黒板に書かれた文字は、黒板消しで消えてしまうので訪れた方は大切に鑑賞してください。

結論…木造校舎は面白かった

ss_IMG_3481
妙に哲学的な時計黒板

なんとなく道路に置かれた看板を見て訪れたわけですが、実際、木造校舎は面白かったです。そして驚きや発見もありましたし、ホント行けて良かった。あと冒頭で紹介しましたが、縁結びにもなったりするらしいので、デートでもオススメかもしれません。ぜひ、飯田市の遠山郷方面へ行かれた際は立ち寄ってみてください。

昭和を感じる木造校舎 旧木沢小学校