長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

国道18号沿い「黒姫物産センター」では、壁面を大きく使って道路地図が描かれてる

<スポンサードリンク>
ss_IMG_2912

長野県信濃町にある「黒姫物産センター」。お土産物も売っていてドライブイン的な使い方もできますし、近隣の人が雑貨を購入するために使うこともできそうな総合店舗です。中でも、異様なまでに目を引くのが、種類が豊富すぎる鎌や農具、包丁などの『打刃物』。

長野県の北部では、川中島の合戦の際に鍛冶職人が移住してきたことをキッカケに、刃物技術が発達したのだそうです。信州の打刃物は鋭い切れ味が特徴的で、全国各地の農家さんで使用されているのだとか。そんな、刃物を見るだけでも圧倒されると思うのですが、ここではもう一つ見てもらいたいものがあります。

ss_IMG_2907
建物の壁面に高速道路地図

わりと大きな建物で、壁面には細く長〜く描かれた高速道路の地図がありました。おそらく完全オリジナル。駐車場から見ることができます。

ss_IMG_2909
出発は東京から

ss_IMG_2906
黒姫物産センターも載っています

ss_IMG_2904
ゴールは上越

東京から出発して、関越道はかなりショートカットされ、上信越道の軽井沢から北陸道にぶつかる終点までがしっかりと描かれています。上信越道と、おおむね平行して走っている国道18号も表記され、現在地から目的地までどれくらいの距離か、一目瞭然。

建物の大きさに合わせて高速道路の距離を計算し、始点から終点まで作ったのだとすればなかなかのものです。おそらくは国交省やネクスコが関わっていないと思うので、物産センターとしてコレを作ったのだとすれば、なんだかカッコいいですね。壁面のオモテナシ。

ss_IMG_2902
駐車場からの眺め

国道18号を走行される際は、ぜひ『黒姫物産センター』に立ち寄って、この高速道路地図を見てみてください。公式サイトはなかったのですが、住所は「長野県上水内郡信濃町柏原175−6」。