読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿肉ぎっっっしり!! 南信州のパーキングエリアで『鹿まん』を食べてきました!

南信 伊那市
<スポンサードリンク>
ss_IMG_3220

中央自動車道、長野県内の「小黒川PA」で、ちょっと変わった中華まんが売られていました。それは、鹿肉を使った『鹿まん』と、南信州名物のローメンを使った『ローメンまん』。長野県ではジビエ協会もあり、鹿やイノシシ、クマなど野生動物の肉を食べる文化がある程度浸透しています(虫も食べますし)。なかなか他の地域では見られないので、思わず買ってしまいました。

ss_IMG_3250
小黒川PAは長野県伊那市にあります

ちなみに売っていたのは、PAの正面にある屋台風のお店。誰がどう見ても目立っているので、行けばすぐにわかると思います。

というわけで、まずは『鹿まん』

ss_IMG_3224
『しか』と書かれていました

分かりやすく「しか」と書かれていました。なかなかのインパクトです。そう言えばTBSラジオで放送していた『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』という番組も、略称が「シカマン」だったなぁ…と思い出しました。まさか柴田さんもザキヤマさんも、ホンモノの『鹿まん』があることは知らないでしょう。

ss_IMG_3237
これが『鹿まん』

中にはぎっしり鹿の肉。ただし、鹿肉を見る機会がないので、「鹿だ!鹿だ!」と分かるわけもなく、「ほー、これが鹿なのか……」と、ひと息ついてしまうようなテンション。ちょっと身構えている自分がいます。いったい鹿のどの部分の肉なのかはわかりませんが、紛れも無い鹿肉なのでしょう。

ss_IMG_3241
しかし、しかです

ss_IMG_3244
ここで「しか」食べられないかもしれない鹿肉

調理過程でかなり臭いは消されているのか、臭みはなかったのですが、やや硬さがあります。弾力というよりは、ほんとうに硬い肉という感じ。獣感があるというか、豚、牛、鶏のどれにも近くない食感を感じました。中華まんにしているので、かなり食べやすくはなっていると思われ、あまり抵抗無く食べることができました。ジューシーとか旨味という部分は期待できません。いわゆる珍味なのかもしれないですね。

そして『ローメンまん』。

ss_IMG_3227
ローメンまん

『ローメンまん』という響きから、どう考えても中国を代表する超人『ラーメンマン』を思い浮かべてしまいます。キン肉マンのスピンオフで『闘将!!拉麵男(たたかえラーメンマン)』というストーリーが展開されるほどの人気超人。ローメンまんを作った人は、ラーメンマンを意識していたのでしょうか。ちょっと気になるところです……。

ss_IMG_3228
中にローメンがぎっしり詰まっています

ローメンは一見「焼きそば」のようですが、蒸して、茹でた麺を焼いて調理するというのが特徴。信州伊那谷の名物で、味はすっかりお墨付きです。なので『ローメンまん』は期待を裏切ることなく美味しくいただくことができました。聞いた瞬間、見た瞬間に「美味しそう!」と思えますしね!!

特に小黒川PA限定とは書かれていなかったので、南信州で食べられるところは幾つかありそうです。もし見かけたら『鹿まん』と『ローメンまん』を食べてみてください。