長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

善光寺界隈にある「新小路カフェ」では、お一人様席がオススメです!!

<スポンサードリンク>
ss_IMG_5449

長野市東町に、「新小路カフェ」というオシャレなカフェがあります。

昭和45年に建てられた鉄骨造の文房具卸し会社をリノベーションし、2014年4月にカフェとして生まれ変わったそうです。「小路」というだけあって、そこは静かな路地裏。善光寺の参道、中央通りから清水屋旅館の角を曲がると洗練されたcafeの看板が見えてきます。

ss_IMG_5439
中もオシャレでした

ss_IMG_5440
壁には45年前の善光寺門前町を表現した地図が描かれています

現在、営業時間は10時から17時と少し短めですが、ランチタイムは多くのお客さんが訪れていました。行ったのは土曜日のお昼。ざっと感じた雰囲気では、観光客よりも地元の人が多かったように思います。

そして、ここのランチメニューはとってもシンプルで……。

ss_IMG_8859
「肉」か「魚」かを選ぶだけ!

ss_IMG_8861
小鉢もたくさん付いて盛りだくさん!

さすがメニューを絞り込んでいるだけあって、一つ一つの品々が本当に丁寧に作られていました。この日の肉定食は「国産とり肉のネギソース添え」だったのですが、特製のネギソースが美味しくて、モリモリと食べてしまいました。700円で成人男性も十分お腹いっぱいになります。

ちなみに、ここでオススメしたいのは、とってもオシャレな「1人席」。

ss_IMG_5444
店内の一角に…

ss_IMG_5445
一人で座れる席があります

レトロな蛍光灯があって、家にいるような感覚。椅子も高級感もあって、いかにも落ち着いていられそうですよね。ランチをいただいたあとも、珈琲を飲みながらずっと読書していたくなりそうです。

ここなら、本当にリラックスできると思うので、一人で飲食店に行くのが苦手な人も臆することなく行けるんじゃないでしょうか。

ss_IMG_5442
2階から上はシェアスペース

また、カフェがあるのは1階で、2階、3階はシェアオフィス、シェアハウスになっています。

今までどちらかというと、ひっそりとしていた新小路も、こうして人の賑わいができるのは良いことですね。その昔、問屋街だった長野市東町に、21世紀風のカルチャーが生まれていくのはワクワクします。もし興味あれば、一度「新小路カフェ」でランチをしてみてください。

新小路カフェについて | 株式会社リファーレ総合計画