読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

リアル地元体験ツアー「若鮭アカデミー」が楽しそうすぎてスゴい

<スポンサードリンク>
ss_2015-05-30_0953

2015年6月から長野県を舞台に、「若鮭アカデミー」という取り組みが始まるようです。

これ、簡単に言うと2泊3日で行なわれる体験型就活イベントなんですが、学生だけを対象にしたものではなく、学びたい、地方(地元)に目を向けたい、好奇心旺盛、という人なら誰でも参加OK。同行する講師陣もすごい人ばかりで、楽しく学んで体験しながら、地方での職探しのキッカケが作れるというスバラシイ仕組みです。

ちょっと変わったイベントのようにも見えますが、よくよく考えると「仕事を探す」って本来こういう形がベストなんじゃないかとも思うのです。面接で「御社の社風がうんぬんかんぬん…」と、志望動機をハキハキと述べる就職活動の方が、なんか不思議でおかしい。まず、リアルを見て、自分が何に取り組むのかを見てから就職する方がよっぽど理にかなっているんじゃないかと。

地方には雇用がめっちゃある

ss_a0008_000858_m

まず、前提として地方には雇用がたくさんあります。東京よりあります……とは言い切れないかもしれないけど、たぶん多くの人たちが思ってる以上に、雇用がある。少なくとも、雇用に悩んでいる企業はめちゃくちゃたくさんあるのです。

なぜ雇用に悩んでいるかというと、単にマンパワーが足りないということではなくて、「地元で何か仕掛けたい!」と思う先進的な企業が増えてきてるから。そのために、いろんな特性やスキル、熱意を持った人が必要だけど、なかなか知ってもらえるチャンスがない。「若鮭アカデミー」は、そんなアクティブな企業のために開かれたイベントでもあるようです。

…と言うと、これに参加したら半強制的にその会社に入れられるんじゃないか、と思うかもしれませんがそんなことは有り得ません。入りたくない人を無理に雇っているほど、地方には余裕がないのです。人が不足してるけど、かと言って誰でも良いわけじゃない。そのあたりが、雇用不足問題の根幹なのだと思われます。



社会問題をリアルに見るツアー

じゃあこのツアー、2泊3日も使って、何をするかというと、社会問題になってる場所を、とにかくリアルに見て回って体感する。第1回は『空き家』がテーマだそうですが、テレビのニュースや新聞で取りあげられるような社会問題を、実際に見るところからはじめましょう。というのが、このツアーのミソ。

空き家が増えてやばいというのは、なんとなく報道で知っていても、それが一体どんな風にやばくて、現状どういう形なのか、どんな人がそれに関わって、どんな人が関わっていないのかって、行ってその目で見ないと分からないのです。

png

そういった社会問題を解決しようと取り組む地元企業や講師陣と一緒に回ることで、参加者はその本質を心に焼き付け、「これだったら自分もできるかな」「自分も関わりたいな」「なんか思ってたのと違ったな」など、具体的な考えとして抱くというわけです。

こういう頭の整理をせずに、パンフレットとウェブ情報、オートシステム化してるOB訪問を経て就職しちゃうから、離職率が高くなると思うのです。もちろん、入社したあとにも色んなギャップはあると思いますが、最初の衝動があるか無いかで仕事に対する向き合い方は全然違ってきます。



講師陣がホントにすごい

第1回は「空き家」をテーマにしているということで、講師陣は以下の2名。

  • メゾン青樹:(代表)青木純氏
  • 東京R不動産:(ディレクター)林厚見氏

メゾン青樹はカスタマイズ賃貸マンション『ロイヤルアネックス』や、2014 年グッドデザイン賞受賞の育つ賃貸共同住宅 『青豆ハウス』を運営してる会社。いまは東京 23 区唯一の消滅可能性都市「豊島区」の再生に取り組んでいる、スーパーアグレッシブな大家さんです。

http://www.maison-aoki.jp/


東京R不動産は、「日光がめちゃくちゃ入る明るい家」とか「緑のある暮らし」とか「隠れ家感」とか、感情的な視点から魅力ある家を紹介する、ちょっと変わった不動産屋さん。リノベーションなども行なっていて、理想通りのカッコいい住居や店舗を手に入れたいなら、ぜひとも相談したいお相手です。

http://www.realtokyoestate.co.jp/



どちらも先進的な不動産屋としては、相当有名です。普段なら、講堂に足を運んで椅子に座って話を聴かなければならないお二人と、ツアーの中で直接ふれ合いながら会話、対話できるのはとっても貴重な機会だと思います。



最後は参加者自身がアイデアを持つ

ss_a0002_011007_m

そして、2泊3日の最後には、ツアーを通して体感したことから、「こんなことを提案したい」「こんなふうになりたい」を発表する時間が設けられています。インプットだけじゃなく、アウトプットも行なうことで、自然と受け身から前向きになれる機会が与えられているんですね。



参加してみよう!

第1回は6月19日(金)から6月21日(日)までの2泊3日。

しかも、2日目の宿泊先は、空き家を改修して開いたゲストハウス「1166バックパッカーズ」が選ばれています。単に宿としての機能だけじゃなく、観光案内や地域コミュニティの創成までを担うステキなゲストハウスなので、ここに宿泊するだけでも、きっと良き刺激が受けられると思います!


▼公式サイト
若鮭アカデミー 〜信州の企業で面白い事業はじめよう〜