長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

長野県には「トーフミール」という豆腐を粉末状にした、とっておきの食材がある

<スポンサードリンク>
ss_IMG_0964

長野県内のスーパー等で販売されている「トーフミール」。直訳すると「豆腐の肉」になりますが、肉は入っておらず、高野豆腐を粉末状にした食材です。

みすずコーポレーションという長野市の食品メーカーが出しているもので、長野県民なら(たぶん)誰もが一度は食べたことがあるご当地食材なのです。県外のスーパーで見かけることは(おそらくほとんど)無いと思われます。県内では、特に中南信の方が多く消費しているという話も聞きましたが、もしかすると長野県内でも食べる地域、あまり食べない地域と分かれているのかもしれません。

ということで。せっかく買ってきたので調理してみようと思います。

ss_IMG_0965
裏面に書かれた手順に従ってみます

ss_IMG_0967
具材をいくつか用意しました

パッケージ裏面に書かれた「みすずトーフミールのおいしい調理方法」に従って、ひき肉、にんじん、ねぎ、しいたけを用意しました。あまり具が大きくならないよう、ざくざく適当に切っておけばとりあえずOKだと思います。

まずは、これらの具材を炒めるところから。

ss_IMG_0973
油を引いて具材を炒めます

そして。
なんとなく焼き目がついてきて、もういいかな〜と思ったら、水を加えます。

ss_IMG_0998
水400mlにしょう油と塩と砂糖を入れる

そこからしばらく煮立て、沸騰するまで待ちます。

沸騰してきたら中火にして、いよいよトーフミールの登場です。

ss_IMG_1001
バサーーーーー

トーフミール100gを一気にフライパンの中に入れます。

ss_IMG_1007
こんな感じになります

一瞬、大丈夫かなコレと思うくらい、フライパンの中が粉まみれになるのですが、大丈夫。しばらくすると、すぐに粉同士が水分を吸収しながら固まり合っていくのです。

ss_IMG_1013
このようになります

ひとしきり、フライパンの中の水分がなくなれば出来上がり。

ただ野菜や肉を炒めて、水と一緒にしょう油や砂糖、塩を入れて、トーフミールをぶち込めば作れてしまう簡単レシピ。普段から料理をまったくしないお父様方でも十分できると思います。

ss_IMG_1018
見た目は「おから」みたいですが違います。豆腐です。

食感が少し変わっていて、ふわっふわっの豆腐を食べているような不思議な舌触り。体に良いと言われる高野豆腐の栄養を、高野豆腐以上のやわらか食感で食べられるので、離乳食に使っている人もいるのだそうです。

長野県を離れて都会で暮らす人の中には、トーフミールが恋しくて仕方がない方もいるでしょう。時々、長野県内のお土産物屋さんにも並んでいたりするので、観光で長野を訪れた人にもぜひ買って帰ってもらいたい一品です。