読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

松本山雅の試合を観に行ったら、株主優待生活でお馴染みの桐谷さんがチャリで激走してた

<スポンサードリンク>
s_IMG_1561

2015年6月20日の等々力競技場。川崎フロンターレVS松本山雅FCの試合を観に行ってきました。明治安田生命J1リーグ 1stステージの第16節です。

今シーズンからJ1入りしている松本山雅。予想通り厳しい戦いが続くなか、3連敗中で迎えたこの一戦。なんとかJ1残留のセーフティゾーンへと順位を上げるため、いくら格上相手と言えども勝ち点をもぎとっていかなければなりません。

アウェイ側のスタンドは緑色のユニフォームでぎっしり埋まり、長野県内からも多くのサポーターが駆けつけていたようです。

s_IMG_1558
サプライズで川島永嗣選手も来てました。すごい歓声だった!

ちなみにこの日は、川崎フロンターレに昨年誕生したクラブ公式マスコット「カブレラ」を祝うイベント『カブの日』が開催されていました。カブのカブによるカブためのイベントなのだそうですが、色々とカブに引っ掛けて、サッカーの試合と一緒に様々な企画が進行していたのです。

s_IMG_1581
“カブトムシ好きタレントの哀川翔さんによる始球式

カブの日だから、カブトムシ好きな哀川翔さんによる始球式。株式投資学園マンガ「インベスターZ」の作者である三田紀房先生のトークショー。マスコットキャラ『カブレラ』の印象が薄まるんじゃないかと思うくらいに、へんてこなイベントが段積みで展開されてます。

しかも、三田紀房先生が描いた「インベスターF」という書き下ろし漫画の配布もあったりして、川崎フロンターレ陣営の本気度が伺えました。こんなノリでエンターテイメントを企画するの楽しいだろうな。いいな、フロンターレ。


そんなイベントが盛りだくさんだったので、にこやかなムードに包まれてのキックオフです。

s_IMG_1585
勝ってくれ、山雅!

試合が始まると、相手にパスを回されまくり、ボール支配されまくりの松本山雅。守りを徹底ながらも前半終了間際に先制点を許し、1点ビハインドという重い空気のままハーフタイムに突入しました。

そして、ハーフタイム中には、またしても「カブの日イベント」ということで、株主優待生活でお馴染みの桐谷さんがスタジアムに登場する展開。(桐谷さんは、「月曜から夜ふかし」という番組でフィーチャーされたおじさんです。川崎フロンターレの母体、富士通の株も持ってるそうです)

s_IMG_1609
桐谷さんが登場!(川島選手のサプライズ登場より歓声があがったかも)

自転車に乗って登場する桐谷さん。

桐谷さんは株主優待でもらえるサービス券などを大量に持っているため、それらの特権(映画館の無料券とかボウリング場のサービス券とか)を余すところなく駆使できるよう、日頃から「自転車」に乗って都内を爆走しているのです。その様子はテレビでも何度も紹介され、あまりのスピードに多くの視聴者が釘付けになったことと思います。

s_IMG_1613
優雅に手を振りまきながらトラックを回ってます

s_IMG_1620
最後の直線はスピードアップ(立ち漕ぎ)して爆走していました

ただただ中年のおじさんが自転車で走るという、ハーフタイムショーとしてはこれ以上にシュールな光景は無いと思うのですが、それだけでスタジアムが湧くのですからスゴいですね。企画した人も、それを見届けるサポーターも、桐谷さんも、みんなかっこいい。

s_IMG_1635
試合は2-0で敗戦

後半。

松本山雅、飯尾選手のヘディングシュートが惜しくも入らなかったり、GK村山選手が大久保選手のPKを止めたり、何度か興奮したシーンはあったのですが、結果は2-0で敗戦。松本山雅FCはリーグ戦4連敗を喫してしまいました。

もうすぐシーズンも折り返し。J1の強豪に対する実力差はありつつも、番狂わせとも言える試合を見せてもらいたいなって思います。あと、できれば川崎フロンターレのようなイベント企画力も魅せてくれるともっと嬉しいです。