読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

外国人に「おやき・そば・五平餅」を食べさせてみたら一番人気は○○だった!

<スポンサードリンク>
五平餅にかぶりつく

どうも、宮﨑です。
突然ですが、みなさんは長野県の名物料理といえば、なにを思い浮かべますか?

やっぱり有名なおやきでしょうか? それとも、そば? 南信地域の方は五平餅かもしれません。長野県には地域ごとに伝統的な名物料理がたくさんあり、おやきやそばは日本中で人気です。

しかし、ぼくは海外(中米パナマ共和国)に住んでいることもあり、「長野県の料理は外国人の口にも合うのだろうか? そして、最も外国人に人気の長野県の名物料理はなんだろう?」とふと疑問に思いました。

そこでこの疑問を解消するために、パナマ人に3つの長野県料理を食べてもらい、アンケートを実施することにしました。今回はその様子と結果をお伝えします。

さて、一番人気の料理は、いったい何だったのでしょうか?
今回ぼくが作った長野県の名物料理は、以下の3つです。

1.おやき
2.そば
3.五平餅

ぼくの勝手なイメージでは、北信代表→おやき、中信代表→そば、南信代表→五平餅です。この3つの料理を、ぼくが2年間ホームステイしたパナマ人ホストファミリーに、食べ比べてもらいました。


まずは、北信地域で根強い人気を誇る「おやき」を作りました。

最初に生地づくりに取り掛かりました。小麦粉に水を加えて練り、2時間ほど寝かせます。作り方は「信州おやき調査隊」のレシピを参考にさせて頂きました。

おやきの生地

小麦粉に水を加えて練る


おやきの具といえば野沢菜や切り干し大根が有名ですが、今回はパナマ人の味覚に合わせて「ピザ味」にしました。ウインナーをトマトソースで味付けし、チーズと一緒に生地で包みます。

おやきの具

具はウインナー&チーズ



おやきの加熱方法といえば①蒸す、②油で揚げる、③囲炉裏で焼く方法が一般的ですが、今回はフライパンで両面を焼きました。

おやきを焼く

フライパンでおやきを焼く


これで、ピザ風おやきが完成しました! 意外と簡単ですね。

おやき

完成したおやき
 

狙い通りチーズがとろけて、ピザ風に仕上がりました。

ウインナーチーズ入りのおやき

チーズがとろけるおやき




次に、中信地域の名物料理を代表して、そばを作りました。まずは、市販の乾麺を熱湯で茹でます。

そばを茹でる

乾麺のそばを茹でる


麺をザルに上げ冷水で締めてから、水気を切ってお皿に盛りつけます。刻み海苔を飾れば、ざるそばの完成です。めっちゃ楽!

ざるそば

ざるそば


そして、レシピ通りに希釈した付属の麺つゆと、ワサビも用意しました。

麺つゆとワサビ

麺つゆとワサビ






そして、最後は南信地域のエース「五平餅」です。五平餅を作るのが一番面倒くさかったです。ぼくが飯田市出身ではなかったら、途中で諦めていたでしょう。

まずは、カリフォルニア産のジャポニカ米(日本米)を少し柔らかめに炊いて、木べらで半殺し(やや米粒が残る程度に潰すこと)にしました。

この作業中にホストファミリーのママから「何をしているの?」と聞かれたので、「ご飯を半殺しにしている」と答えたら、予想外の半殺しという言葉に大爆笑していました。

ご飯を半殺しにする

半殺しにしたご飯


次に半殺しにしたご飯を丸く平らに潰して、2個ずつ割りばしにつけます。五平餅には小判型もありますが、今回は丸型2個にしました。

割りばしにご飯を付ける

丸型の五平餅


ホストファミリーの子供は、初めて見る食べ物に興味津々です。「ゴヘイモチってどういう意味?」と聞かれたので、「硬貨みたいな形のご飯」と教えると納得していました。

五平餅の仕込み

五平餅の成型中


五平餅は庭のバーベキューコンロで、炭を使って焼きました。焼く作業を手伝ってくれたおじさんは、見た目は極悪人ですが実はいい人です。

五平餅を焼く

強面のおじさんと


美味しそうなお肉の隣で五平餅を焼きました。今になって気がついたのですが、焼き網だと思っていたモノは網ではなく、「ロッカーの間に置く棚」でした(笑)

BBQコンロで肉と一緒に五平餅を焼く

肉の隣で焼かれる五平餅


ご飯を焼いている間に、五平餅用の味噌だれ作りです。一般的に五平餅の味噌だれにはクルミを使うことが多いですが、パナマ人の味の好みに合わせるために、今回はクルミではなくパナマの特産品である「カシューナッツ」を使うことにしました。

パナマ産カシューナッツ

パナマ名産のカシューナッツ


カシューナッツをジップロックに入れて、石で細かく砕きます。

カシューナッツを粉末に

カシューナッツを粉末に


パナマで買った信州白味噌と砂糖と醤油、そしてカシューナッツの粉を和えて、水で少しのばしました。電子レンジで温めれば、五平餅用の味噌だれの完成です。

五平餅の味噌タレ

五平餅の味噌だれ


香ばしく焼けた五平餅に味噌だれをたっぷりと塗ります。

五平餅に味噌だれを塗る

味噌だれを塗った五平餅


これで五平餅の完成です。めっちゃ美味しそう!

五平餅

五平餅




これで、3つの長野県名物料理が完成しました。

3つの長野県料理

3つの長野県料理



審査員はパナマ人のホストファミリー15名です。だれも日本へ行ったことはなく、日本料理もほとんど食べたことがありません。ちなみに、この日はぼくの日本帰国を祝う送別会でした。

審査員のみなさん

パナマ人ホストファミリー


まずは、ママが五平餅にかぶりつきます。味の感想が、めちゃくちゃ気になる!

五平餅にかぶりつく

五平餅にかぶりつくママ


そばを食べる時には、麺つゆとワサビを使ってくれました。みんな恐る恐る、口に運びます。

長野県料理を取り分ける

そばを麺つゆに浸す


箸を使うことにも挑戦していました。

そばに夢中

箸を使う子供


おやきにも手が伸びます。果たして、パナマ人の口に合うのでしょうか?

はしに挑戦

おやきに箸を伸ばす




すべての料理を食べ終わったところで、15名のパナマ人に「どの料理が一番好きですか?」と尋ねました。さて、パナマ人が選ぶ最も美味しい長野県料理はどれなのでしょうか?

北信名物おやきなのか?

それとも、中信のそばか?

はたまた、南信を代表するグルメ五平餅なのか?


ドキドキしますね。




それでは、結果を見てみましょう!!










な、なんと、














パナマ人が最も好きな長野県料理は!?



























O YA KI!

おやき


<アンケート結果>

1位 おやき 10票
2位 五平餅 3票
3位 そば 2票

円グラフ


というわけで、一番人気はおやきでした! おやきを気に入った理由は、以下の通りでした。

<おやきの感想>
・食べ慣れた味だから美味しかった
・エンパナダ(パナマ料理)に似ている
・ウインナーとチーズはよい組み合わせ

パナマには、小麦粉の生地の中にトマトソースで煮込んだ鶏肉を入れる「エンパナダ」という料理があるので、エンパナダに似ている「ピザ風のおやき」はパナマ人の口に合ったようです。

おそらく具材が野沢菜や切り干し大根では、結果が違っていたでしょう。



五平餅に味噌だれを塗る


二番目に人気だった五平餅の感想も聞きました。

<五平餅の感想>
・ご飯がモチモチしているのに驚いた
・ご飯に味も香りもないのが嫌
・味噌の味が口に合わない

パナマのご飯は細長くパサパサしているインディカ米で、ご飯を炊くときに塩やサラダ油を入れて味付けし、ニンニクやパクチーのような香草で香りづけするので、何も調味料を使わず炊いたモチモチのジャポニカ米に戸惑ったようです。

そして、生まれて初めて口にする味噌という調味料も、かなり衝撃的だった模様...... 
そして、隠し味のカシューナッツには誰も気づいてくれませんでした。


ざるそば


最後に、そばの感想も見てみましょう。

<そばの感想>
・ワサビが辛すぎる
・麺つゆの味が薄すぎる
・黒い麺が気持ち悪い

基本的にパナマ人は辛い食べ物を一切食べないので、ワサビは刺激が強すぎたようです。そして彼らは濃い味を好むので、レシピ通りに希釈した麺つゆでは味が薄すぎたようです。しかも、今までの人生の中で黒い麺は一度も見たことがないので、「麺が黒いなんて、気持ち悪い」と言っていました。

しかし、パナマ人は揚げ物が大好きなので、ざるそばではなく「天ぷら付きざるそば(天ざる)にすれば、人気だったのではないか」と反省しています。




ご覧の通り、外国人に「おやき・そば・五平餅」を食べさせてみたら、一番人気は「おやき」でした。

もし長野県に興味がない外国人に長野県料理を作るときには、母国料理風にアレンジした方が喜ばれるようです。特に醤油や味噌など日本特有の調味料の使い方には注意しましょう。

ただし、長野県の名物料理に興味がある外国人には、正統派な料理の方が好まれると思います。さらに伝統的な料理が生まれた歴史や、箸の使い方を教えてあげたら喜ばれそうですね。

以上、宮﨑がお伝えしました。