読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

南牧村の指定ゴミ袋には「回収用安全グリップ」というものまで付いてて実によくできていた

<スポンサードリンク>
s_IMG_0002

小海町のスーパーで南牧村の「指定ゴミ袋」を購入してきました。なんだか気になる形状をしていたので思わず買ってしまったのです。

そのスーパーではいろんな市町村の指定ゴミ袋が販売されていて、思わず商圏の広さを感じました。田舎だとスーパーの数も限られるので、隣の市町村まで買い物にくることも珍しくないのでしょう。

さすがに自分が住んでいない市町村の指定ゴミ袋を買ったのは初めてですが、巻物のようにくるくると巻かれていることに妙な好奇心を覚えてしまいました。少なくとも自分はこのような形のものを見たことがありません。なんだかハイテクの予感!

s_IMG_0011
ミシン目があって切り取れるようになっています

この巻物のような指定ゴミ袋は、10枚の袋が長い帯のようにつながっていて、それぞれミシン目に沿って切り取ることで1枚のゴミ袋として使用することができます。ミシン目はめちゃくちゃ取れやすく作られていたので、変な箇所でビニールがびろーんって伸びることもなさそうです。

s_IMG_0014
これが70リットルのゴミ袋、下段にも変な取っ手があります

袋の上部には使う人が袋の口を結びやすいように、凸型グリップが左右についています。これがあることで、運ぶ時に持ちやすいというメリットもあります。

そして同じようなグリップは、なぜだか下部にもついています。これ、かなり珍しいと思うんですよね。見たことないのでびっくりしました。まさか、下も結ぶの?

s_IMG_0016
下部のグリップは回収者のためのもの

ゴミ袋がひっくり返ってしまうと、回収する時に持ちづらいのだそうです。しかし、下部にもこのようなグリップが付いていると、回収の際の取っ手として使えるので効率性がぐんと向上するのだとか。なるほど、言われてみれば確かに。


調べてみるとこのゴミ袋は、日本フィルム株式会社が製作しているもの。「人にやさしいごみ袋」としてGOOD DESIGN AWARD等で受賞歴もありました。結構有名なのかな。

他の市町村でもたくさん導入されているかもしれません。ほんとに便利だと思うし良い製品だと思うので、できるだけ多くの市町村で導入されると良いのになと思ったり……。でも自分が住んでいるトコには指定ゴミ袋という概念さえないので、しばらくは南牧村のものを使ってゴミ出ししようと思います。


日本フイルム株式会社 製品情報 安全グリップ付きごみ袋