読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

信州ラーメンの王道「気むずかし家」に行ったらメチャ美味しかったけど汗だくになった

<スポンサードリンク>
s_IMG_20151101_193015

信州ラーメン界のカリスマと言われる塚田兼司さんが手がける「気むずかし家」。塚田さんはこれまで、「けん軒」や「武士(もののふ)」、「烈士洵名」など数々のラーメン屋を展開してきた方。同じ味を多店舗展開するのではなく、店それぞれに個性を出して常にチャレンジしている方だと言われています。

そんな「気むずかし家」は、長野駅東口から徒歩5分ほど。昔は国道18号沿いにあったはずなのですが、移転してから初めてお店に行きました。

s_IMG_20151101_185702
メニューが豊富!

この店、とにかくメニューが豊富です。いろいろ試していくうちに自分の好きな味がわかってくるのでしょうけれど、初めてだとどれから手をつけていいのか迷ってしまいます。さぁ、どうしよ。

s_IMG_20151101_190441
王様中華そば

ちなみに王様中華そばは、県内のラーメン店主有志で結成された「信州麺友会」が、信州の新たなご当地ラーメンとして考案したもの。気むずかし家だけでなく、麺友会に属するラーメン店に行くと食べることができます。

「具材はざく切りのネギ、のり、チャーシュー、メンマ」、「調味料は黒コショウ」、「スープは鶏がらの澄んだもの」という定義はあるのものの、店舗ごとに微妙に味が違うので各店舗のオリジナリティを楽しむのも一興。

出汁がすごい効いていて旨味がじゅわっと出ているのですが、基本はあっさり優しい味なので、誰にでも受け入れられる鉄板ラーメンかと。

s_IMG_20151101_190614
こちらは「きむ二郎」の野菜増し

そして、こちらは二郎系ラーメンを踏襲していると思われる「きむ二郎」

あまりラーメン二郎に行ったことはないのですが、おそらく二郎に比べると随分とやさしい量で、やさしい味。鶏白湯と魚介系をミックスさせていて、本家二郎独特のジャンキーさのようなものは感じませんでした。……要するに、ちゃんと美味しかったです。

s_IMG_20151101_190718
もやしを切り崩して食べていきます

脂身もちゃんと効いてくれますが、ギトギトするほどではないので自分としては満足でした。もやしがドドーンと乗っている分、全体量も多いけれど安心して食べきれます。


・・・・・。


ただひとつ、店の中が熱気にあふれておりめちゃくちゃ暑かった。ちょっと冷え込んだ日の夜に行ったので、店に入った時は「あったかい!」と思えたのですが、実際にラーメンを食べていると、それがだんだん「暑い…」に変わっていきます。

s_IMG_20151101_192745
髪の毛も乱れるほど汗だく・・・

s_IMG_20151101_192813
換気扇も回っているんだけど、、、

美味しいラーメンを食べながら、だくだくに汗を流せるなんて至福の時間!・・・ではあるのですが、汗をかきやすい体質の方はぜひタオルかハンカチをお忘れなく。

今度は他のラーメンも食べてみますー。


頑固麺飯魂 気むずかし家(長野市) - BOND OF HEARTS