読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

迷わないとたどり着けない!? 安曇野市「Good Old Land」は森の隠れ家のようなカフェだった

<スポンサードリンク>
s_163A0325

安曇野市穂高に、Good Old Landというカフェがあります。

とてもとても静かなところにあってすごく雰囲気もよく、それでいて料理も美味しい。最高のカフェなのですが、いかんせん場所がよくわかりません。穂高にある分譲別荘地「学者村」の奥の奥。とても立派な別荘地の中をグリグリとさまようのは、少々気が引けますし、本当に道が合ってるのかもだんだん不安になってきます。


ちなみに、「学者村」という別荘地としては不思議な名前ですが。

元々このあたりの別荘地の土地は、当時の穂高町が法政大学の用地を取得したことに始まっていて、自然と大学関係者の間で話題となり、いつしか俗称として「学者村」と言われるようになったんだとか。実際に、学生や先生などが教育の一環として別荘地を使っていたこともあったそうですが、特に「学者」じゃないと購入できない別荘地というわけではないそうです。

s_163A0333
こういった看板を目印にアクセスしましょう

穂高有明にある「有明美術館」付近から、店の看板がところどころに見えてきます。要所要所に看板があるので注意しながら道を進み、穂高川の川辺まで行って、店があるのはその突き当り。

s_163A0331
店の前は穂高川が流れています

s_163A0327
これがお店です

その敷地はすごく広く、手前には大きな庭が広がっていて噴水まであります。奥に住居兼店舗と思われる木造の小屋があって、童話の世界のような雰囲気がただよっています。店の前に立っているだけでも十分満足できそう。

s_163A0280
こじんまりした店内でした

s_163A0284
鹿の骨とツノがあった

s_163A0314
店内から庭を見る

s_163A0323
外の席も利用できます

s_163A0322
異国みたいですね

店の中自体は6人も入ればいっぱいになってしまうサイズ感なのですが、晴れていれば外の席も利用できますし、すさまじい隠れ家感を味わうことができます。迷って迷って来るような場所なので、そもそもの立地が相当奥まっていますし、それに加えて、自然たっぷりの庭の雰囲気が非日常感満載です。

すぐ近くを流れる穂高川からは水の音も聞こえてきますし、もちろん鳥の鳴き声も聞こえてくる。バリかなんかに行ったようなエキゾチックムード。すごいね。

s_163A0298
Gypsy's ショコラソーセージ&ライス

s_163A0296
Grandma's ピッツァ&マカロニサラダ

s_163A0312
オーガニックジンジャーエール

s_163A0306
マルゴト シャーベット

食事はすべてオーガニック。有機栽培で作られた野菜や、無添加サラミなどを使用しています。安全食、自然食へのこだわりがすごいのですが、そういったあたりもこの環境を考えればすごく納得できるような気がします。非常に雑な感想になりますが、全部めちゃくちゃ美味しかった。

別荘地にいる人たちは、ここによく通っているんでしょうか。うらやましい。


ちなみに、店の名前である「Good Old」というのは日本語の「古き良き」という意味だそうですが、三丁目の夕日のイメージが強いからでしょうか。「古き良き」と言われると、昭和の下町を想像してしまいます。この店が演出する「古き良き」というのは、もっと古い時代の自然と人間の調和みたいなものを指しているんだと思われます。…なんでもいいや、超オシャレでかっこいい。


Good Old Land

そういえば、あとでわかったのですが。Googlemapにはちゃんと店の位置が載ってました。それを見れば迷うことはないかもしれません。わかんないけど。