読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

曇りの日に「竜王SORAテラス」の星空ナイトクルーズに行ったら、星見えないけど雲海はめっちゃ見えた

<スポンサードリンク>
s_163A0506

雲の上の世界に行ってきました。
と言っても、信州に住んでると意外とすぐに行けるんですが。

場所は北志賀高原竜王スキーパークのロープウェイ山頂。竜王山という、めちゃくちゃ恐ろしい名前の山の北西部に位置します。標高は1770m。長野県内にいると標高2000mくらいまでは平地と思ってしまいますが(?)、実際ロープウェイで来ると相当高いです。

雲を見下ろす感じです。ウンカイ、雲海。

s_163A0412
曇天模様の日に行きました

行ったのは、お出かけ日和とは到底言えないような曇り空の日。なんなら雨もポツポツ降ってました。

それでも、竜王マウンテンパークのウェブサイトには「※市街地が雨でも標高の高いロープウェイ山頂は雲の上で、天候が落ち着いている場合も多々ございます」と、太黒字で書かれていたので、それを信じて行ってみることにしたのです。

s_163A0414
ロープウェイ乗り場

行ってみると、ロープウェイ乗り場付近も霧だらけ。
本当に上に行ったら視界が晴れたりするんでしょうか。

s_163A0419
山頂駅にあるSORAカフェのチケットもセットでついてました

竜王スキーパークのロープウェイ山頂駅にはSORAカフェというカフェがあり、その隣にはSORAテラスという展望デッキが併設されています。サンセットが素晴らしく綺麗に見える場所として、すごく有名。雑誌では、優美な夕陽の写真とともに紹介されているような場所です。


そんな、SORAテラスでは「星空ナイトクルーズ」と銘打って、7月8月の土曜日限定で夜間営業を行っています。もちろん、ロープウェイもそれに合わせて運行し、上りは夜8時40分まで営業を行っているのです。

今回は、夜7時20分のロープウェイに乗り込みました。ちなみにここのロープウェイは166人乗りだそうで、収容力は世界最大級だそうです。

s_163A0430
ただ、さすがに曇りだからか

s_163A0431
他にお客さんは乗っていませんでしたが・・・

s_163A0437
ロープウェイはのぼります

おもいっきり曇りの日に、星空ナイトクルーズはないだろう。と思いつつも、ロープウェイが上がるにつれて、雲がどんどん下に見えてくるし、もしかしたら上は晴れてるのかもと、ちょっと期待したり。


ただ、結局は・・・。

s_163A0455
上も全然曇ってました

地上が曇天なのに、標高1770mが晴天ってことはさすがに稀ですよね。

けれど、下を見下ろしても雲。空を見上げても雲。というのは、なかなか不思議な状態です。もしかして自分も雲の中にいるんでしょうか。その辺の気象学がよくわからないので何とも言えないですが、自分が雲と雲の間にいるのは貴重な時間だと…そう思うことにして、竜王SORAテラスを楽しむことにしました。

s_163A0445
目の前の小屋がSORAカフェ

s_163A0473
これがSORAテラスです

夜だけだと思いますが、なぜか緑色にライトアップされていてちょっと奇妙な空間になっていました。写真で見ると余計に際立ちますね。

s_163A0455
テラスから見下ろす1

s_163A0460
テラスから見下ろす2

s_163A0449
テラスから見下ろす3

カメラが勝手に光を拾ってくれるので、少し明るく写っていますが、実際は7時30分頃になると結構暗いです。うっすら街の光が見えていますが、夜景というには寂しいので、ここは素直に雲海の雄大さを楽しむのが正解なんだと思われます。

s_163A0561
夜8時になると緑のライトが消灯

そして、夜8時になるとライトップが消灯し、星空ナイトクルーズが本格的にスタートするはずなのですが、天候に恵まれず星は全然見えませんでした。雲の切れ間から幾つかチラチラしていたものの、ナイトクルーズ感はあまりなかったですね。

s_163A0574
それでも眺めは綺麗です

s_163A0586
なんか幻想的

本当は晴れていて、満点の星空が見えるのがベストなんですが、雲の雄大さは暗くなっても感じられますし、適当にパシャパシャと写真撮っていれば、ちょびっと幻想的な写真もとれたりするので、意外と楽しいです。

そういえば、ウェブサイトにも「気象状況により変わる雲海は見る人を飽きさせません」と書いてあったので、その日、その時間にしか出会えない景色を楽しむのが一番ですね。


天候は運!
今度はサンセットも見たいです。