長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

長野市の東東通りに「クレープリー・レ・クロシェット」というガレット屋さんがあった

<スポンサードリンク>
s_163A0644

長野市の東通りのもう一本東側を通っている道、「東東通り(とんとんどおり)」。

そこに、クレープリー・レ・クロシェット(Creperie Les Clochettes)というお店がありました。一回じゃ覚えられそうにないその名前。フランス語を翻訳すると「クレープ屋の鐘」という意味でした。お店の方に聞いたわけじゃないので、それを意図したかどうかはわかりませんが……。

ちなみに、クレープとガレットって基本的には同じものらしく。日本でクレープというと、「フルーツや甘いクリームが乗った薄い生地をラッパのようにぐるぐる巻いて食べるもの」というイメージがありますが、フランスでのクレープとは、ランチやディナーでご飯として食べるガレットのことを指すそうです。

s_163A0624
明るい店内

s_163A0620
窓際の席

店は2016年4月にオープンしたばかり。以前は、ツユノハレマというカフェが入っていたそうです。

14席ほどの小さなお店ですが、裏通りに佇む小さなカフェって感じで居心地が良い。

s_163A0639
茄子とボロネーゼのトマトカレー風味ガレット

いただいたガレットは本日のガレットというもので、その日はトマトカレー風味でした。もう、デザートではなく完全なる食事メニューですね。17時までランチメニューが食べられる(この時はね)のもありがたく。お昼を食べ過ごしたりして、どーしたものかと思っている時には最適なお店だと思います。

おやつ兼ランチ的な使い方ができるかも。

お店のフェイスブックでは、新しいメニューなども紹介されているので、チェックしつつ通いたいですね。

https://www.facebook.com/creperielesclochettes/
長野市鶴賀居町113-8